病弱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

病弱びょうじゃく: Valetudinarian)は、正確な医学用語ではないが、健康状態が弱っている人を説明する用語である。辞書の『大辞林』第3版では、からだが弱く病気にかかりやすいと説明される。

ラテン語の起源は健康状態を表す valetudo であり、それは力強くなることを指す valere が元である[1]。英語での初出は1703年で、世界周航を行ったウィリアム・ダンピアA New Voyage Round the World, Voyages and Descriptions の中で記している[1]。意味の変化はすぐに見られ、1746年にロバート・ジェームズが彼の著書『健康の改善』 (Health’s Improvement) にて、体質の説明に用いている[1]。英語の Valetudinarian(病弱)の用語は、医学以外の文献ではより頻繁に使われており、大まかには神経衰弱に近い意味である[1]

1916年の田中祐吉の著書では、江戸時代に入り武士が玄米精白して白米を食するようになり、それが一般の人々に広がり、そのことによる栄養の損失が副食を増やし、虚弱病弱の人々が増加してきたといった言説も見られる[2]。1920年の『病弱の共に』は、医薬療法、呼吸法、玄米をすすめる石塚式食養療法について言及されている[3]

出典[編集]

  1. ^ a b c d Pearce 2006.
  2. ^ 田中祐吉 「白米食の生んだ虚弱と病弱」『廉価で滋養の健康食』 世界文庫刊行会、1916年
  3. ^ 安松長一 『病弱の友に』 晴之社、1920年

参考文献[編集]

関連項目[編集]

  • 病弱児 (学校教育法における)