横山やすし・西川きよし

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
横山やすし・西川きよし
メンバー 横山やすし
西川きよし
別名 やすしきよし、やすきよ
結成年 1966年
解散年 1989年
事務所 吉本興業
活動時期 1966年 - 1989年(23年間)
師匠 秋田實横山ノック(やすし)
石井均白木みのる(きよし)
出身 道頓堀角座(やすし)
吉本新喜劇(きよし)
出会い 吉本興業
芸種 漫才
ネタ作成者 両者
過去の代表番組 ヤングおー!おー!
やすきよの腕だめし運だめし
スター誕生!
やすきよ笑って日曜日 など
同期 立川談志(きよし)
公式サイト 横山やすし・西川きよし
受賞歴
1967年 上方漫才大賞 新人賞、
1970年 上方漫才大賞 大賞、
1980年 文化庁芸術祭 大衆芸能部門 芸術祭優秀賞、
1984年 上方お笑い大賞 大賞、
1996年 上方漫才大賞 審査員特別賞、
2005年 上方演芸の殿堂入り
テンプレートを表示

横山やすし・西川きよし(よこやまやすし・にしかわきよし)は、横山やすし西川きよしによる、かつて吉本興業に所属し活動していた漫才コンビ。

通称は「やすしきよし(やすし・きよし)」「やすきよ(やす・きよ)」など。また、その独特の形式とテンポを持った漫才(後述)を特に「やすきよ漫才」と呼ぶこともある。

当たりギャグは「怒るでしかし!」(やすし)、「小さな事からコツコツと」(きよし)。

メンバー[編集]

主にボケ担当、立ち位置は向かって左。
主にツッコミ担当、立ち位置は向かって右。

概要[編集]

コンビ略歴[編集]

コンビ解消を繰り返していたやすしが中山礼子・八多恵太の勧めで吉本新喜劇の役者だったきよしを誘い、1966年にコンビ結成。コンビとしての初舞台は同年6月1日京都花月[1]1960年代演芸ブームで世に出て人気者となる。その後1980年代に至るまでテレビ番組の司会などで活躍。1980年代初頭の漫才ブームでは東西のリーダー格として頂点に達した。

1986年、きよしが国会議員(参議院)に当選して以降は活動休止状態となった。コンビとしての最後のテレビ出演は、『MAGMA30』での「二府四県対抗なんでもコンテスト」の司会だった。一方やすしは度重なる不祥事で活動機会が激減し、やがて吉本興業の専属契約を解除。これによってコンビは事実上の解散状態となった。再結成のないままやすしは1996年1月21日死去。きよしは2004年に参議院議員を辞職した後も、レギュラー番組を持つなど、一線で活躍している。

きよしはやすし死去後、吉本興業の後輩で、漫才師大平サブロー(元太平サブロー・シロー)扮する「やすし」とのコンビで「やすし・きよし」をエキシビジョン復活させた。このコンビはその後も、演芸関連の特別番組などで、不定期に活動をしている。他にきよしは「あの世から帰ってきた」という設定でCGによって再現されたやすし(声はサブロー)と漫才をしたこともある。

芸風[編集]

やすし・きよしの初期のネタは、やすしが漫才のネタの台本の半分以上を書き、きよしがそのネタに訂正を加える形で行われたという。当初はお互いがお互いを蹴飛ばしたり投げ飛ばしたりし、「黒い背広が(ホコリで)真っ白になった」というほどの激しい「暴力漫才」で名を売った[1]

また、ライバルを見て、秘策を考えるなど、コンビが成功するために数多くのチャレンジをしていった。「客を波打たせる[1]」をキーワードに、動きのギャグを控えて言葉のギャグの比率を高め、芸にメリハリを付け、間断なく客を笑わせるための芸風の改良をおこなっていった。

やすし・きよしは両方ともボケツッコミができ、漫才の流れによっては、やすしがボケてきよしがツッコミをしている時に、不意にきよしがボケてやすしがツッコむという局面がある。つまり、漫才中に役割(ポジション)が突如交代する。この当時新奇だった形式は「『ボケ』と『ツッコミ』を交互に入れ替える“型破り漫才”[1]」と評された。

また、「やすきよ」が漫才の歴史のなかでエポック・メイキングであった[誰によって?]のは、その絶大な人気と、伝説化したやすしという芸人の存在もさることながら、ボケがシナリオを外しそれをツッコミが軌道修正してゆくという従来の役割を逆転させ、「一見ツッコミでありながらその実、漫才をリードしてゆくボケ」という手法がやすしによって確立されたところにある。この「リードするボケ」という観念は、漫才ブームの中でツービートB&B島田紳助・松本竜介などのフォロワーを生み、後のダウンタウンにも強い影響を与え(ただし、ダウンタウンの漫才スタンスの違いからやすしとは対立したことがあり、ダウンタウンの松本人志も漫才に対するスタンスの違いに不満を述べていた時期もあった)、その後の漫才を活性化させた。最近では、銀シャリがやすし・きよしに近づきたいと思い、青いスーツで漫才を行っている。[要出典]

出演[編集]

(コンビとしての出演のみを記載。個人での出演については、各人の項目を参照)

テレビ[編集]

映画[編集]

CM[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 読売新聞大阪本社文化部(編)『上方放送お笑い史』 読売新聞社、1999年 pp.305-313「型破り漫才『やす・きよ』登場」「栄光と挫折」

外部リンク[編集]