リボン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リボン小売
コスプレに利用
マイクと胸に利用

リボンribbon)とは、ひも状の織物のこと。一般に平たく細長い形状をしている。衣服装飾、または贈答品や表彰をするときに使われる。

リボンは古代ギリシアローマから広く使われている。16世紀から17世紀ヨーロッパでは、男女問わず広く使われた。日本で使われるようになったのは明治以降である。

リボンの素材にはサテンタフタベルベットグログランなどがある。

用途[編集]

頭髪を結う
キャラクターピクトグラムなどの作成で男女を区別させる必要がある場合に、女性側にリボンをつけることがある(男性側にはネクタイや帽子(キャップなど)を用いることが多い)。またアニメ漫画ゲーム等に登場する女性のキャラクターには、特徴やアピール、チャームポイントとして現実では存在しないような大きさ、形のリボンを結んでいたり付けているケースが多く、武器としても使われるなどする為にネタとして挙がる事が多い。
胸章
来賓などであることを示す。
ラッピング
贈答品の包装の際にリボンをかけることがあり、十字掛けや斜め掛けといった種類がある[1]
テープカット
色付きのリボンテープを用いる。
メダル、勲章等
メダル勲章栄章褒章に用いる。
トロフィーリボン、ペナントリボン
トロフィーや優勝旗などに各回の受賞者を記念するために取り付ける。

なお、祝事には明るい色のものが用いられ、弔事の喪章や遺影などには白黒のリボンが用いられる。

形態[編集]

結び目を作ってさらに装飾性を上げたものを使うことが多く、その際最もポピュラーな蝶結びのことを「リボン結び」と呼ぶこともある。より思い通りの結び目の形状を得るため、崩れにくくするために実際には結ばずに縫製で結び目の形を作ったり、プラスチックなどで成型したりすることもある。形を整えやすいようワイヤーが入ったものもある。以下のような多様な結び方がある。

  • リボン(リボン結び)[1]
  • バタフライボウ[1]
  • ウェーブリボン[1]
  • ポンポンボウ[1]
  • バラ - 掲示や胸章等
  • 桔梗 - 胸章等
  • ダリア - 胸章等
  • 旭光 - 胸章等
  • 六方 - 胸章等
  • 五方 - 胸章等
  • フレンチボウ[1]
  • ビラ - 結ばないもの

なお、胸章などでは花の下にタレというリボンが付くことがある。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f Let's Wrapping リボン 結び方”. 2014年1月18日閲覧。