権助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

権助(ごんすけ)は、架空の人物名。小僧の定吉と並ぶ、古典落語に登場する奉公人のキャラクターである。主に江戸落語で登場する[1]

元々「権助」という名前は個人名というより、地方出身の商家の使用人、特に飯炊き[2]の総称で、職業名を示す普通名詞だった。落語に出てくる権助も地方から江戸に上京してきた田舎者で、奉公先で飯炊きや、下男をしている。

プロフィール[編集]

一人称は「おら」。語尾は「だべ」「だんべえ」の田舎言葉である。朴訥で、頭がにぶく、気が利かない田舎者のステレオタイプとして描かれる。一方では辛抱強くまじめな性格で、主人には忠実でもあり、「奉公人が三日たたないうちに逃げ出す」という人使いの荒い主人に3年間勤め通す[3]

主な登場作品[編集]

  • 権助芝居[1]:芝居の代役を頼まれ、おかしな演技で大暴れ。
  • 権助魚[4]:浮気をしている主に意見をするが、結局は浮気の片棒を担がされてしまう。
  • 権助提灯[4]:浮気旦那の提灯持ちを勤める。
  • 蒟蒻問答[4]:八五郎と競演。八五郎が坊主を勤めることになったお寺の下男を勤める。
  • しの字嫌い[3]:生意気な性格を矯正しようと思い立った、岩田の隠居と知恵比べ。
  • 化け物使い[4]:凄まじく人使いの荒い隠居のところへ奉公する。
  • 一つ穴[4]::旦那の浮気を疑う奥方から監視役を言いつかる。浮気を発見して報告すると、激昂した奥方に、修羅場への同行を命令される。
  • 木乃伊取り[4]:遊郭に入り浸って帰ってこない若旦那を、権助が連れもどしに行く。
  • 『和歌三神』[4]:主と雪見に出かける。
  • 王子の幇間[5]:幇間の平助に隠しておきたかった過去を暴露され、思わず奴さんの頭をポカポカと叩く。
  • かつぎや[4]:超極端な「縁起担ぎ」である旦那に、物騒な事ばかり連呼して怒らせてしまう。
  • 宗論[4]:「浄土真宗」の信者である主と、「キリスト教」信者である若旦那の親子喧嘩に割って入る。
  • 味噌蔵[4]:「ケチの標本」のような赤螺屋(あかにしや)ケチ兵衛という人に仕えている。

脚注[編集]

  1. ^ a b 『落語古典語典』 94頁。
  2. ^ 『落語国・紳士録』 171頁。
  3. ^ a b 『落語人物事典 上』 179頁。
  4. ^ a b c d e f g h i j 『落語登場人物辞典』 68頁。
  5. ^ 『落語人物事典 上』 178頁。

参考文献[編集]