サイハイソックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サイハイソックス

サイハイソックス: thigh high socks)は、靴下の種類で一番丈の長い物(長靴下)を指す業界用語、または業界用語を元にした俗称。正しくはストッキングであり、また、オーバーニーソックスの一種として扱われたり、ロングサイズオーバーニーソックスとか、ウルトラロングオーバーニーソックスなどとも呼ばれることもある。

概要[編集]

  • 中世ヨーロッパの貴族が着用していたホーズを起源とする長靴下は、もともと男性用のものだったが19世紀に入り女性にも着用されるようになり、やがて薄手のナイロンストッキングの発売により女性向けファッションとして広まった。その後、一般的に「ストッキング」と言えば薄手のナイロンストッキングを指すようになったため、それと区別するために「太もも(thigh)丈(high)の靴下(socks)」=サイハイソックスと呼ぶようになった。スウェーデンの物語である『長くつ下のピッピ』(原作者はアストリッド・リンドグレーン)の主人公・ピッピ(年齢は9歳)はサイハイソックスを着用した世界で一番有名なキャラクターである。
  • 元々は業界用語であるが、工業規格などで具体的に寸法が決まっているわけではなく、オーバーニーハイレングスソックス(オーバーニーソックス)との区別は曖昧で、基本的に仕立て寸法(平置き寸法)で区別をする。メーカーやショップのカタログデータで見る限り、仕立て寸法で約60cm以上の丈がある物をサイハイソックスと呼び、オーバーニーハイレングスより平均10cm程度長い。一部で誤解されているが、呼び名は飽くまで仕立て寸法を基準にしているため、実際に着用した際に履き口が脚部のどこまで届くかには関係がなく、取扱業者によってサイハイソックスとは呼び名が異なる場合がある。
  • 近年ではミニスカートショートパンツなど、脚が出るボトムスに合わせた女性用ファッションとして知られるが、必ずしも女性用とは限らない。また、子供用の靴下の定番として古くから愛用されている。
  • また、2000年代以降はオーバーニーソックスと人気が並行する形で、多くの女子高校生たちの間で流行して履かれるようになった。女子高校生たち曰く、理由は「女の色気があるから」、「色っぽく見せるため」、「防寒用で履く」などである。

サブカルチャー[編集]

参考[編集]

  • ファッション辞典. 文化出版局. 
  • 靴下および下着メーカーのホームページ

関連項目[編集]