マント・ド・クール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Manteau de Cour, 1809

マント・ド・クール[1][注 1](仏:manteau de cour)とは、フランス語宮廷礼服の意。威厳をそえるために用いた豪華な装飾用の表着[2]ルイ王朝時代に着用された宮廷服。アーミン (ermine) の毛皮で縁を飾った[7]深紅あるいは濃紫色のビロードのマントー[7]で、袖無し、または短い袖つきのドレスにトレーン(引き裾)をつける。帽子は用いず[3]、宝玉や羽毛を飾る[3]が、頭からチュールをかける事もある[3]。また、アクセサリーとして扇を携える[3]。トレーンの長さとお裾奉持の人数は身分の高さによって定められ、高位の女性ほど長いトレーンを用いた[2]。皇族はティアラ勲章佩用、手には白長手袋に、象牙大扇を持つ。御裳捧持者(ページボーイ)と呼ばれる学習院中等科の13歳~15歳の少年が皇后に4人、控えとして2人付き、妃には2人付く。御裳捧持者の服装は紫紺のビロード製襟無しの上着に胸元に白ネクタイ、膝下の半ズボンに白長靴下に黒エナメル靴、サーベルを腰に佩く。上着の左右に白いポンポンが5個ずつ、ズボンの脇に白いポンポンが2個ずつ付く[8]

マント・ド・クール、1909年
北白川宮成久王妃房子内親王

明治10年代半ばから20年代初めにかけての欧化政策によって取り入れられるようになった。政府が欧化政策推進の場として明治16年(1883年)に建設した鹿鳴館では、舞踏会が開かれ、高官や華族の夫人たちは洋装をして集うようになった[9]

その後、明治19年(1886年)6月23日に宮内大臣内達によって宮中における皇族女性の大礼服として定められた。この規定は、昭和22年(1947年)5月2日に廃止された皇室令などと共になくなっている[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ マントー・ド・クール[2][3][4][5]、「マントー・ドゥ・クール[6]とも表記される

出典[編集]

  1. ^ a b 日本大百科全書(ニッポニカ)『大礼服』 - コトバンク
  2. ^ a b c 文化出版局編 『服飾辞典』 (初版)、東京都渋谷区: 文化出版局、1979年3月15日、859頁。 
  3. ^ a b c d e 『服装大百科事典』下巻 (増補版)、東京都渋谷区: 文化出版局、1986年6月30日、363頁。 
  4. ^ 『ファッション辞典』 (初版)、東京都渋谷区: 文化出版局、1999年3月31日、618頁。ISBN 4-579-50158-6 
  5. ^ 吉村誠一 『ファッション大辞典』 (初版)、東京都中央区: 繊研新聞社2010年8月20日、106頁。ISBN 978-4-88124-231-5 
  6. ^ 田中千代 『新・田中千代服飾事典』 (初版)、東京都新宿区: 同文書院1991年10月22日、1004頁。ISBN 4-8103-0017-X 
  7. ^ a b 『服装大百科事典』上巻 (増補版)、東京都渋谷区: 文化出版局、1986年6月30日、625頁。 
  8. ^ 青幻社発行「明治150年記念 華ひらく皇室文化^明治宮廷を彩る技と美」13ページ~14ページ彬子女王著「明治宮廷の華」
  9. ^ 日本大百科全書(ニッポニカ)『洋服』 - コトバンク