ミトン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ミトン』(英語: Mitten 、原題:Varezhka(ロシア語: Варежка、ヴァレーシカ))は、1967年人形アニメ作品である。ソ連・ロシアを通じて、国民的作品の一つである。2000年以降から現在まで、日本国内の権利管理およびプロデュースは株式会社モブコが一貫して行なっている。

国内正規のDVDが発売される以前、日本では、『手袋』という邦題が使用されていたが、ソ連時代の作品タイトルである「親指が別れた手袋」という意味で、より正確な理解を考慮し「ミトン」と改められた。

概要[編集]

監督はソ連のロマン・カチャーノフ、原作・脚本はジャンナ・ヴィッテンゾン、美術はレオニード・シュワルツマン、制作はソユーズムリトフィルム

1967年アヌシー国際アニメーション映画祭第一等賞受賞、1968年モスクワ国際映画祭銀賞受賞、1972年ヒホン国際児童映画祭グランプリ受賞。

あらすじ[編集]

ある冬の日のこと。女の子が窓の外を見ていると、子供たちが犬と遊んでいます。羨ましくなった女の子は、友達のライカ犬の子犬を貰ってきます。ところが、お母さんは大反対。いったん連れてきた子犬ですが、友達の家に返されることになります。女の子はしょんぼりして、手袋を子犬に見立てて遊び始めます。すると、手袋は子犬に変身して…。

書籍[編集]

映像ソフト[編集]

  • DVD - 2004年7月23日発売[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]