チェスターフィールドコート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チェスターフィールドコートを着た男性。特に一番右側の男性のようなボタンが見えない仕立てを比翼仕立てという。

チェスターフィールドコート(Chesterfield coat)とは、外套の一種である。丈はやや長めが基本であり、膝程度が一般的である。見た目はフロックコート背広に近い。19世紀に、チェスターフィールド伯爵がはじめて着たのが最も有力な由来とされる。特にヴィクトリア時代下のイギリスでは、男性の外套として流行した。 現在の日本では、フォーマルとして着ることはもちろん、ビジネスやカジュアルとしても着こなすことができるので、非常に人気があるコートの一種になっている。 正式なものは、ボタンが見えないような比翼仕立て(隠しボタン)と呼ばれるもので、上ベルベット仕立てラペル拝絹の物があるが、一般的には、シングルまたはダブルの打ち抜きで襟も共布になっている。

襟がビロードなのは、フランス革命で処刑されたルイ16世と、その妃マリー・アントワネットを弔う気持ちを表したものだった。現在は礼装や普段着など関係なく着用される。

海外ではクラス分けがされており、ドレス・チェスターフィールドと命名されたものはウェストを絞り、上記の仕立てに仕上げる。サック・チェスターフィールドはウェストを絞らず箱型の垂直に仕立てる。後のポロコートに発展した。セミ・チェスターはビロードや拝絹を使用しない、腰丈や腿丈が多い。ダブルブレステッド・チェスターコートはダブルのチェスターフィールドコートのこと。

ウールが多いが他にはカシミアメルトンポリエステル混紡も存在する。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]