クォーターパンツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

クォーターパンツ(Quarter pants)とは、ズボンの総称。ショートパンツの一種で、ハーフパンツより短く、の長さは太股の上半分が覆う2-3分丈程度である。クォーター=1/4→2.5から由来している。一方、スリークォーターパンツはハーフパンツより長く、長ズボンより短く、裾の長さは腓腹筋の下半分を除いて覆う7-8分丈程度である。スリークォーター=3/4→7.5から由来している。

体操着としての着用[編集]

小学校の男子において、体操着の下衣として短パントレーニングパンツを使用していない学校では、裾が短く太股の大半が露出したズボン状のものが用いられてきたが、丈が膝上から膝下程度まであるハーフパンツへ変わり、それと並行にクォーターパンツも導入された。また、女子用の体操着であるブルマーの代わりに採用する学校もある。

小学校を中心に着衣水泳が行われるようになったことから、学校によっては体操服、水泳帽子等とセットにして着用し、体操着一式を水着として使用しているケースもある。

長さによる分類の例[編集]

それぞれの裾には厳密な定義がないため、以下はおおよその目安である。

  • ホットパンツ - 0-1分丈、裾がほとんどない極端に短いもの[1]。おもに女性用。
  • 半ズボン - 5分丈未満、裾が膝より短く、おもに男児用の子供服を指す。
  • ショートパンツ - おおむね1-3分丈のものを指す。
  • クォーターパンツ - 2-3分丈程度。クォーター=1/4→2.5分丈。
  • ハーフパンツ - 4-6分丈程度。スリークォーターパンツより短く、クォーターパンツより長い、中間的なものの総称。
  • カプリパンツクロップドパンツ・スリークォーターパンツ - 7-8分丈[2]、おもに女性用。厳密には長さによる分類ではなく特定の形態を指すが、「カプリ丈」・「クロップド丈」などとして使用される場合もある。スリークォーター=3/4→7.5分丈。
  • 長ズボン - 10分丈、くるぶしの下までの裾丈[2]。基本的には脚をすべて覆って肌が露出しないもの指す。

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]