レオタード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
レオタードを着用した少女

レオタードLeotard)とは、スポーツウェアの一種。ダンス体操競技などで着用される、全身にフィットするような衣服のこと。主にワンピース型(上下一体型)のもののことを指すが、セパレーツ型も存在する。

発祥[編集]

ヨーロッパ各国の王宮スポーツ芸術であるサーカスにおいて、身体の躍動を余すところなく見せるための衣服がその発祥。フランスの人気曲芸師であった男性、ジュール・レオタール英語版1839年 - 1870年)が演技中、全身にフィットした服を着たことに由来し、そういった衣装(コスチューム)全般の呼び名に変化したものである。

その機能性は高く、アクロバット系競技、ダンス、器械体操体操競技)、新体操などのスポーツシーンには欠かせない物となっている。現代ではスポーツメーカーの研究開発による最先端の繊維素材が使用され、極限までのシビアな動きが必要とされるスポーツ分野では、空力抵抗に特に優れた物や、筋肉の動きをサポートする物など、特殊な機能を持たせたウェアが開発され、スポーツ選手の運動記録の更新に一役買っている。

一般に目にする物は女性用がほとんどであるが、男性の体格に合うように縫製された物もある。男性用では器械体操用が「ジムシャツ」と呼ばれるなど、名称が異なる場合がある。

用途[編集]

体操競技の選手
ショーン・ジョンソン

おもにバレエの練習着、ダンサー・パフォーマーの衣装、器械体操、新体操、エアロビクスダンストランポリンフィギュアスケートなどの競技衣装である。また、レースクイーンなども着用したり、陸上競技重量挙げバレーボールタッチラグビーなどのスポーツにおけるユニフォームとして採用することもある。

新体操やフィギュアスケートなど競技というより演技色が強い種目の大会用になると、チームで統一されたデザインや、豪華な装飾を施した物が用いられ、演技者自身も派手なメイクを施すことが多い。レオタードに素足か、ダンスシューズタイツなどを着用するかはそれぞれの種目によって異なる。

レオタードと水着ではデザインや表の生地では似通った要素が多いが、レオタードでは水に濡れた時の着心地や生地色が考慮されていないことが大きい。素材や縫製の強度や裏地がそれぞれの目的にあったものになっているかどうかを確認することで容易に見分けがつく。

素材・形状[編集]

素材
生地素材はバレエの練習ではいまだにコットン素材ベースのレオタードが主流であるが、晴れ舞台となる大会や競技ではより高級感のある美しい艶をもったスパンデックス素材、2wayトリコット(ツーウェイトリコット)スムースベロアなどで作られたレオタードが使われることが多く、よりデザイン性を追求したものでは更にグリタープリント加工)メタリックエラスティン(箔加工)グリターエラスティン(箔加工)ラインストーンエラスティックネットなどが施された華美なレオタードが着用される。
長袖七分袖五分袖半袖ノースリーブペアショルダーフレンチフリル袖などなど。
スコープネックタックチェンジVネック胸Vギャザーネック胸タックネック胸ピンチネック胸絞りスクエアーネックハーフネックハイネックなど。
脚刳り(あしぐり)のライン
ローレグハイレグ、ノーマルなど。
ワンピーススカート付き(フィギュアスケート用のみ「フリル」と呼ばれる)ワンピース、セパレーツ(ノースリーブのトップススパッツなどの組み合わせ)、ユニタード(レオタードとスパッツを一体化した物)、ジムシャツ(男性用で体操競技(器械体操)用の物)、ブラタード(社交ダンスなどに用いられる。踊っている間にブラウスの裾がずり上がらないように、下部がレオタードと同様につながっている)など。一部のジムシャツやブラタードでは股部分をボタン止めにより開閉でき、着脱がしやすい物もある。
装飾要素
ベルトシュシュラインストーンスパンコールフリンジなど。

付随品[編集]

ハーフシューズ[編集]

  • 主に新体操で履く、爪先だけのシューズ。爪先だけを覆い、かかとの上にゴムをかけて留める。また、ストレッチニット素材を採用した、ソックスのようなやわらかさと、まるで素足で演技しているような足先へのフィット感が高く支持されている「デミシューズ」というものもある。

エレガンスシューズ[編集]

  • 体操、新体操で穿く、柔らかな牛皮革で作られたダンスシューズ。つま先だけのハーフシューズと違い、かかとまで覆いかぶさっている。

ジムシューズ[編集]

  • はっ水性、通気性、耐久性に優れた人工皮革で作られた体操シューズ。ジュニアから競技者まで、幅広く利用されている。

専用下着[編集]

  • レオタード着用時の下着インナーウェア
    • トップスインナーとしてファンデーショントップ・ブラトップ・バレエブラなどがあり、これを着用してレオタードに胸ポチが生じるのを防いでいる(乳房成長中(途中で初経を挟む約4年間)または成長後(成人型乳房)の女性で専用下着を着用していてもレオタードに胸ポチが生じる場合はバストカップ・バストパッドをレオタードまたは専用下着に取り付けてそれらにブラジャーの機能を持たせ、レオタードに胸ポチが生じるのを防ぐ)。
    • ボトムスインナー(パンツ)としてはレオタードショーツなどがある。
    • トップス・ボトムスが一体となった、ボディスーツ型のファンデーションもある。それぞれ大人用と女児(ジュニア・子供など)用がある。男性用にはボトムスとして、ダンスベルトなどがある。
  • 専用下着の上にレオタードを着用するのが一般的である。ただし、専用下着が直接縫い付けた、直接全裸から着用することが前提のレオタードもある。

ストレッチタイツ[編集]

  • より美しいレッグラインを魅せるのにレオタードの下に着用するタイツ

シュシュ[編集]

備考[編集]

レオタード漁

壱岐島の東部・八幡(やはた)地区の海女は、レオタードを水着として着用している[1]

本来の格好は全身タイツを着用してから、その上に体操用長袖レオタードを着込み、頭には白の磯頭巾ではなく、スイムキャップフードを被り、スイムマスクを装着して潜っている。中には体操、新体操、トランポリン等の女子部員、選手が長袖レオタードを着て競技、練習するような格好で潜って作業していると勘違いして期待して来る者も多く、実際の格好を見てがっかりした人もいる[要出典]

水中オリンピック

中国にある青島アンダーウォーターワールドでは、アトラクションのひとつとして「水中オリンピック」が行われており、水中オリンピック競争選手はすべてプロのスキューバダイバーが担当している[2]。その中の演目の一つとして「水中ダンス」がある。

通常、女性スキューバダイバーは足ヒレに水中ゴーグルを身につけ、ウェットスーツ水着を着用して潜水しているが、演目ではウェットスーツ、水着は着用しない代わりに、体操・新体操等で使用するローレグタイプの長袖レオタードを着用。

今まで水泳等で使用されてもおかしくなかったが、生地、素材などの事情で水着として着用されなかった。アトラクションで巨大水槽に潜りながら演技を見せるのに見た目と様式をきちっとしたい理由で、女性スキューバダイバーにはローレグタイプの長袖レオタードを着用して大会、練習、部活動等で体操、新体操を行う格好で巨大水槽に潜ることとなる。足ヒレを付け、水中ゴーグルを装着したら巨大水槽に飛び込み、水中で長袖レオタード着用のまま全身びしょ濡れになり、着衣水泳を行う感覚で潜りながら演技を披露している[3][4][5][要高次出典]

テレビCM、キャンペーンポスターなど、メディアでの使用

テレビCMやキャンペーンのポスターなどのメディアでも、レオタードを着用した女性がモデルとして登場することもある。例を上げるとすれば、1987年はじめあたりに「三共ビトン-ハイ」のテレビCMに若い女性が、白色のリボンで長い髪を縛って、紫色をベースに胸元がのハイネックローレグタイプの長袖レオタードに身をまとい、裸足で移動しながらリボンの演技をしていたり、1988年はじめあたりでは3人の女性が、黄色のシュシュで長い髪を束ねてシニョンという髪型にし、黄色をベースに胸元がのV型に真ん中に"E"と表記されたハイネックローレグタイプの長袖レオタードに身をまとい、裸足で移動しながらフラフープの演技をしていたものが放送されていた。

アメリカでは、大学の競泳チームのポスター撮影のために、屋内プールのプールサイドの傍でセットをくみ上げた場所で行われ、参加したのは大学の競泳チームではなく、同大学の女子体操チーム。しかも競泳水着ではなく、青色の長袖レオタードに裸足姿で撮影に挑み、撮影スタッフから水をかけられながら体操の演技を披露。何度も撮り直しを行い、女子体操部員は頭から水をかけられ全身びしょ濡れになりなっていた[6]。また、セレブが集うパーティーでも使用されることもあり、例としてはベンチャーキャピタリスト VSPキャピタルのジョアンナリーズが、大学で使用した青色基調に腹に水色と白のvラインが入ったスコープネックローレグタイプの長袖レオタードを着用し、プールに入って全身びしょ濡れになって泳いだ例もある[7]

現役に体操、新体操等でレオタードを着用していた女子選手も、引退後は着用する機会はなくなる。諸事情により、引退後も着用するケースもある。2017年(平成29年)2月、日本の元女子体操選手、鶴見虹子がレオタードブランド・オリンストーンのコラボモデルとして、2015年11月28日以来のレオタード姿を披露[8]1997年11月放送『だんトツ!!平成キング』の種目「水上ござ渡り」に、元体操選手、信田美帆が他の参加者がシャツに短パン姿の中、現役時代に使用していたレオタードを着用して挑戦したが、半分にも到達せず水中に沈んでしまった。1997年初め頃に放送された『炎チャレ』の競技「ひらひらペーパー箸でキャッチできたら100万円」では、天井に設置されたマシーン「マザーシップ」からランダムに落とされる薄い紙を、地面に落ちる前に箸で3回キャッチする種目に、元大学の新体操部の部員が参加。30歳を過ぎて一児の母親となっても練習、大会で着用した黒の長袖レオタードを着用し、ハーフシューズまで履いて長い髪を後ろに縛った格好で大学生以来のレオタード姿を披露しながら挑戦したケースもある。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]