バスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

バスト: bust)は、上半身を指す言葉で、特に女性胸囲に用いられる単語である。また、半身像や胸像を示す単語としても使われる。証明写真などに用いる上半身(胸から上)を写した写真をバストショット[1]、バストアップ写真という。

女性は8歳から10歳ぐらいの思春期に入ると[2]下垂体から性腺刺激ホルモンが急激に分泌され始め、乳腺組織は発育、乳腺の乳管の部分の組織分化が明確になるという最初のバスト形成が始まる[3]。だいたい1割の乳腺と9割の脂肪によって形成されている。重要器官である乳腺が大きくなると、それを守るために自然と体がバストに多く脂肪を割り振るようになるため、大きなバストになるのは乳腺を発達させることが重要になる。女性ホルモンのエストロゲンは乳房の乳管間質組織を発育させ、プロゲステロン小胞形成を促す[4]。バストのサイズを決める遺伝的要素は実は約30%程度といわれ、その成長のためには乳腺を発達させる必要があり、それにはストレスをためずに睡眠不足を避け、バランスのよい食事をとるなど規則正しい生活を心がけることが重要である。バストは初経の1年ほど前から3年後までの4年間が最も成長しやすい時期である。個人差はあるがバストは、初経やく1年前から20~25歳頃までの成長期の心体状態によって分泌量が変化する女性ホルモン分泌量に影響を受ける。育乳等でサイズを大きくしたい場合は、上記期間中にバランスの良い食生活をすること・3食きちんと食べること・過度な運動を避けること・体を冷やさないこと・恒常的なストレスを身体に与えないこと・血行不良にならないこと、更に最も重要なこととして、身長別標準体重を下回ることを目指すダイエットをしないことや毎日8時間寝るように心がけることが必要がある。実際に上記の期間に睡眠不足・体重(脂肪)不足だった女性は、統計的に貧乳が大きな割合を占めている[5][6][7][8][9][10]

男性の胸囲はチェストと呼ばれる。

サイズ表記・アンダー[編集]

  • バストのサイズは、アンダーバストトップバストとの差の数値が、着用するブラジャーのカップサイズのブラジャーの目安となる[11]
  • 女性のプロフィール欄にバストサイズが記される場合があるが、カップサイズを明らかにせずにトップバストの採寸サイズのみを表記することもある。トップバストの採寸数字と、ブラジャーのカップサイズを併せて表記する媒体も増えている。例えばトップバストサイズが90cmでアンダーバストが75cmの場合、差が15cmであるため、バストサイズの表記は「C75[11]」である。分かりやすくに表記する際は「90cm・Cカップ」と記されることも多い。

日本の年齢別平均胸囲・標準偏差[編集]

以下は年齢別胸囲の全国平均値と標準偏差を表す[12]

年齢別胸囲(年齢は1994年4月1日現在の満年齢)
幼稚園 小学校 中学校 高等学校
年齢(歳) 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17
平均値(cm) 56.3 58.0 60.4 62.8 65.6 68.1 70.9 74.2 77.4 80.8 83.5 85.2 86.5
標準偏差(cm) 3.29 3.73 4.41 50.8 5.94 6.56 7.01 7.41 7.09 6.80 6.97 6.70 6.60
平均値(cm) 55.0 56.8 58.9 61.5 64.3 67.8 71.6 76.0 78.3 80.2 82.0 82.2 82.6
標準偏差(cm) 3.29 3.78 4.23 4.99 5.75 6.55 6.86 6.69 6.10 5.89 6.03 5.70 5.55

女性のバストの成長・加齢による下垂[編集]

女性の乳房(バスト)のタナー段階IからVに変化するのは途中で初経(乳房のタナー段階IIIで初経)を挟む前後約4年間

ワコールによると女性のバストは、膨らんでいないバスト(乳房タナー段階I)から初経(乳房のタナー段階IIIで初経)の前後約4年間で膨らみ(乳房のタナー段階II前半から乳首が、II後半から乳輪周辺が、IIIからバスト全体が膨らみ始める)、大人のバスト(乳房のタナー段階V)へ成長し[13]妊娠中から出産直後にかけても膨らむ[14]。20代からはバストが下垂し始める[15]

バストアップ・育乳詐欺[編集]

バストの成長期である初経の前後約4年間(乳房のタナー段階II・III・IV)及び妊娠中から出産直後はバストの成長をなお一層活発させ、それ以外で大人のバストになっている女性はバストサイズを現在の値より大きくしようとすることをバストアップもしくは育乳という。

サプリメントを服用する、何らかの食品を食べる、生活の中で(運動など)何らかの行動を行うなど、様々な手法が主張されており、各種メディア書籍ウェブサイト等)で紹介されている[16]。特にバストの成長期に過酷な受験勉強やインスタント食品を多く食べたり(偏食)、運動不足などのアンバランスな生活を送ると、女性ホルモンの分泌が阻害され、バストの成長が置き去りとなる[17]

また、バストを視覚的に美しく見せようとすることをバストケアといい、同様に様々な方法が主張されている。

ただし、バストアップや豊胸効果を示してサプリメントやブラジャーなどを売ることは薬機法や景品表示法違反になる。実際に取り締まられた事例も存在する[18]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈・出典[編集]

  1. ^ : bust shot
  2. ^ 医師に聞いた!貧乳・巨乳になる理由”. 産経ニュース (2016年6月13日). 2022年3月29日閲覧。
  3. ^ 1乳房の発育 | 女性の医学BOOK” (日本語). 2022年2月18日閲覧。
  4. ^ バストアップと乳腺の関係 | 美容整形は東京美容外科” (日本語). 東京美容外科. 2022年2月18日閲覧。
  5. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2016年6月23日). “医師に聞いた!貧乳・巨乳になる理由” (日本語). 産経ニュース. 2022年1月25日閲覧。
  6. ^ 思春期のこと” (日本語). あだち小児科クリニック. 2022年1月25日閲覧。
  7. ^ 思春期の性成熟と成長 of たなか成長クリニック(低身長,成長,成長ホルモン)” (日本語). たなか成長クリニック(低身長,成長,成長ホルモン). 2022年1月25日閲覧。
  8. ^ ワコール探検隊 | 「少女」から「おとな」へ約4年間で変化する成長期のバスト”. www.wacoal.jp. 2022年1月25日閲覧。
  9. ^ 女性の胸を徹底科学!スゴすぎる下着最前線 | テレビ” (日本語). 東洋経済オンライン (2014年11月30日). 2022年1月25日閲覧。
  10. ^ バストが小さくなる悪習慣| 美容整形は東京美容外科” (日本語). 東京美容外科. 2022年1月25日閲覧。
  11. ^ a b サイズの測り方・下着の選び方 - ブラ編|ワコール直営の公式下着通販サイト Wacoal Web Store” (日本語). store.wacoal.jp. 2022年1月25日閲覧。
  12. ^ 政府統計の総合窓口 GL02020101 1995年度以降は胸囲の資料なし
  13. ^ ワコール探検隊|「少女」から「おとな」へ約4年間で変化する成長期のバスト
  14. ^ マタニティのバストの変化
  15. ^ 下着ではじめるからだのエイジングケア・バスト編
  16. ^ 育乳が叶う!バストアップできる生活習慣 - 境貴子、All About、2015年2月9日
  17. ^ バストアップの方法、胸を大きくするためには?
  18. ^ 薬機法でバストアップサプリの広告表現は違法?安全?

関連項目[編集]