キャスケット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
キャスケット
様々なキャスケット

キャスケット (casquette) は、ハンチング帽(鳥打帽)の一種。アメリカなどでは、新聞売りがかぶっていたことから、ニュースボーイ・キャップ (newsboy cap) と呼ばれる。またドイツでは、頭頂部が風船のように膨らんでいることから、風船帽(Ballonmütze) と呼ばれる。

キャスケット(カスケット)は、フランス語のカスク (casqueかぶとヘルメット) の指小形 (-ette) で、前びさし(前方のみのつば)がある帽子のことである。つまり本来は、たとえば野球帽などもキャスケットの一種である。またしばしば、職業や職務を示す制帽を特に意味することもある。仏英辞典などでは「cap」と訳されるが、前びさしのない帽子は含まない。

本来ハンチング帽と同種のものであるが、日本では区別される。その定義は非常に曖昧だが、主にハンチングでトップが2枚・4枚・6枚・8枚、と分かれているもの、もしくはキャップ型でボリュームの大きめなものをキャスケットと呼ぶことが多い[要出典]

19世紀から20世紀初頭にかけて欧米の若者の間で流行し、とりわけ1910年代から20年代にかけては労働者や下級層の間で広く被られた[1]。しかし、20世紀中期以降はそうした「労働者の帽子」という認識は薄れ、単純にファッションアイテムとして被られている[2]

愛用していた有名人[編集]

フリーデンスライヒ・フンデルトヴァッサー[3]グレゴリー・ポーター[4]ブライアン・ジョンソンらが知られている。

とりわけ、ロシア革命家であるウラジーミル・レーニンも生前愛用していたことで知られ、彼を描いた絵や写真では、キャスケットを被った姿のものが多い[5]。この事から、「レーニン帽」(列宁帽)と呼ばれることもあり、紅軍人民解放軍で被られるいわゆる人民帽の由来ともなった[6]

デビュー当初の桜田淳子は、衣装として白いキャスケットを多用していたが、これは当時はエンジェルハットと称されていた[7]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Vgl. z.B.: Abschied von der Ballonmütze. In: Die Welt vom 13. Juni 2005 und: Von der Ballonmütze zum Seidenhemd: der Weg der Traditionspartei SPD. In: Die Zeit vom 19. Juni 1992
  2. ^ Ballonmütze – von der Armenmütze zum Modeaccessoire, Artikel von Michael Heuer, 1. Juli 2009
  3. ^ Der Spiralenmaler, Nachruf des WDR zum 5-jährigen Todestag von Hundertwasser, 19. Februar 2005
  4. ^ Superstar ohne Allüren. In: Donaukurier, 10. November 2014
  5. ^ ウィキメディア・コモンズより
  6. ^ 红军的符号:红星八角帽” (中国語). 中国军网. 2017年3月3日閲覧。
  7. ^ キャスケットはエンジェルハット?秋田出身の花の中3トリオ「桜田淳子」”. ミドルエッジ (2016年11月21日). 2017年5月7日閲覧。

関連項目[編集]