脚絆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レギンス型

脚絆(きゃはん)とは、脛の部分に巻くや革でできた被服。ゲートルともいう。

活動時に脛を保護し、障害物にからまったりしないようズボンの裾を押さえ、また長期歩行時には下肢を締めつけてうっ血を防ぎ脚の疲労を軽減する等の目的がある。日本では江戸時代からひろく使用され、旧日本軍では巻き脚絆が軍装の一部を構成した。現在でも裾を引っ掛けることに起因する事故を防いだり、足首や足の甲への受傷を防ぐ目的で着用を義務付けている職場があり、作業服などを扱う店で販売されている。

日本の伝統型脚絆[編集]

大津脚絆
上下に結び紐を付したタイプ。
江戸脚絆
上部に紐を、背部にコハゼを付したタイプ。
筒型脚絆
円筒形に縫い、上部に紐を付したタイプ。

西洋型脚絆[編集]

巻脚絆と半脚絆。第二次大戦期のドイツ陸軍山岳部隊とフィンランド陸軍。手前左2人のドイツ軍将校は巻脚絆を、中央のエデュアルト・ディートル山岳兵中将および最右のフィンランド軍将校は半脚絆を着用

巻脚絆(巻きゲートル)[編集]

包帯状の細い布を巻いて脚絆を作るものをいう。19世紀末から使われ始める。世界の軍隊の軍装としては第一次世界大戦をピークに、第二次世界大戦頃までは長靴とともに各国の陸軍を中心に広く用いられた。欠点としては、上手に巻くには慣れが必要で、高温多湿の環境下ではシラミなど害虫の温床になりやすい。戦後に編上げ式の半長靴が普及するにつれてとって代わられた。

民間においても、肉体労働時等において広く普及していた。

レギンス(スパッツ型、短ゲートル)[編集]

レギンス型。第二次大戦期のアメリカ陸軍

面積のある布または軟革をバックルまたはボタンで固定するもの。世界の軍隊の装備としては第二次大戦頃までは巻脚絆と共に双璧をなしていたが、戦後は同じく編上げ式の半長靴の普及によって、基本的に儀礼的な軍装としてのみ形を残している。脛全体ではなく、踝辺りのみを巻く小振りのレギンスは短ゲートル(半脚絆)と言われる。また、硬革の脛当てである革脚絆は、主に乗馬時の長靴の代わりとして用いられた。

民間においては、溶接業、製鉄業、機械工業などの職業分野で、足首と足の甲を保護するために多用されている。

  • イギリス陸軍、アメリカ陸軍・海兵隊 - 戦闘服着用時にレギンス型を着用した。
  • ドイツ国防軍・武装親衛隊 - 第二次大戦中期以降の物資不足の時勢に本来の長靴に代え、編上靴と短ゲートルを支給した。
  • 日本陸軍 - 歩兵を中心とした徒歩本分の兵科・兵種の将校が、長靴の代わりに革脚絆を用いる場合があった[2]
  • 日本海軍 - 儀式の軍装において士官が革脚絆を、下士官兵はレギンス型を用いる場合があった。
  • 海上自衛隊航空自衛隊 - 警務職務に従事する警務官及び警務官補、甲武装(儀式用)、乙武装(非儀式用)で白い半脚絆を着用する定めがあるが、省略されることもある。

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ドイツ帝国陸軍時代、第一次大戦後期にも物資不足並びに省力化の為に支給されていた。
  2. ^ 1940年の兵科区分撤廃以降は徒歩本分者(旧来の歩兵等)においても長靴が広く普及する。

関連項目[編集]