手絡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

手絡(てがら)は日本髪を結う際に、髷に巻きつけるなどして飾る布のことをいう。古くは髷かけとも

素材は、多くは縮緬、高級武士では、明治に入ってからは和紙を加工したものも登場した。

色彩には特に規定があったわけではないが、若い娘や若奥様は鹿の子絞りで装飾した赤や桃色の華やかな色、年配の婦人は無地の藤色や浅葱色など落ち着いた色をよく使った。

手絡を用いる髪形[編集]

  • お煙草盆:髷の間にかける
  • 桃割れ:髷の中に入れ込み下部を割って見せる。
  • 唐人髷:髷の中に入れ込み上下を割ってみせる
  • 割れしのぶ:髷の中に入れ込み上下を割ってみせる。手絡を固定するため鹿の子留めと呼ばれる特殊なを使う。
  • 結綿島田髷の折り返し部分を手絡で結んだもの。手絡を使わない場合は呼び名が違う。
  • 布天神:髷の外側に上下にかける、手絡がない場合は天神髷と呼んで区別する。
  • 割り鹿の子:髪を止めるの下をくぐらせるようにして結ぶ。
  • 三輪髷長船:ほぼ同型の髷だが結う身分が違うため、前者では縮緬・後者では錦の手絡を用いることが多い。