出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
明治〜大正期の笄(木製)。蒔絵が施されている。短い方の内部が鞘のようになっており、左右分割し結髪に差して用いる。

(こうがい、「髪掻き」の転訛[1])とは、髪を掻き揚げてを形作る装飾的な結髪用具。元は中国のもので、現代中国語ではジー(jī)と読む。頭が痒い時に髪型を崩さずに掻くなど、女性の身だしなみに欠かせない装身具としても使われた。

「三所物」と呼ばれる日本刀脇差)の付属品のひとつで、刀と一緒に持ち歩くことも多かった。

形態・素材[編集]

日本刀の付属品としての笄(下)。上は小柄

髪を掻き揚げやすいように頭部から長細い二本の足が出た形をしているか(頭部はイチョウの葉型が一般的)棒形が普通。

棒形のものは「棒笄」と呼ばれ、最高級品はの脛の骨で作ったもので、頭痛のまじないにもなると好事家などに好まれたという。

鼈甲製、金属製、木製、象牙製、牛や馬のひづめなど素材は多岐にわたる。 中でも、螺鈿蒔絵や彫金、彫刻などを施したものは非常に高価であった。

歴史[編集]

形状が良く似ているためと混同されることも多いが、ルーツはまったく別系統。

中国では、新石器時代の遺跡から骨笄、銅笄、玉笄と考えられる出土物があり、当時からさまざまな材質の笄(けい)が使われていたと見られている。

笄を使うことが成人女性として扱われることも多く、笄で結い始める時の儀式である「笄礼」(けいれい)を成人式のように扱うことがある。このため「笄」には成人とした15歳という意味もある。

日本においては、日本髪に欠かせない「」「」「笄」の三点セットのうち、笄は櫛に継ぐ由来の古さを誇る。

笄は結髪の根に挿すもので、一本しか使わず、髪型によっては省かれることもある。本来は髷の根を固定する実用的な道具であったが、江戸後期の複雑な結髪になると用途は後退し、ほぼ装飾品と同じとなる。その現れが「中割れ笄」という笄で、中心でふたつに分解できるようになっており、結髪を八分がた作り終えてから仕上げに挿すための、完全な装飾品である。棒状に変化したものを「延べ棒」と呼ぶこともある。

江戸時代の辞典には「先が耳かきのものを簪、そうでないのは笄」と区別してある。

脚注[編集]

  1. ^ カミカキ → カウガイ → コーガイ。ミ → ウ + 濁音ウ音便キ → イイ音便による変化。

関連項目[編集]