つけまつげ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
市販のつけまつげ
毛先に装飾のあるつけまつげ

つけまつげは、化粧の一種。まつ毛を強調するために人工のまつ毛を付けること。また、その人工のまつ毛そのものを指す。

概要[編集]

まぶたカーブに沿うような曲線状の、ごく細いゴムプラスチックで作られた軸に、毛が植毛してある。軸に接着剤を塗り、まつ毛の生え際に接着して使う。市販のつけまつげは上まぶた用で左右セットになったものが多いが、下まぶた用のもの、部分用の短いものも売られている。

日本では浅草芸者が自分の髪の毛を使用して一本に一本丁寧に編みあげて手作りしていたのを手本に、1947年にコージー本舗が初めて商品として発売した[1]

つけまつげの種類[編集]

まつ毛を補うもの
本物のまつ毛と同じような色や密度となっている。長さもある程度ランダムにしてあるものが多い。化粧目的のほか、けがや病気で失われてしまったまつげを補う目的でも使用される。
装飾目的
さまざまな色のもの、長さや密度が極端に大きいもの、毛にラインストーンなどを付けてあるものなど。ウィッグカラーコンタクトと組み合わせて使うこともある。

つけまつげの使い方[編集]

  1. つけまつげをいったん目に合わせ、目の幅に合うように目尻側をカットする。必要があればビューラーカールさせたり、長さの調節を行う。
  2. アイラインアイシャドーマスカラなどの化粧を行う。
  3. つけまつげの軸を目のカーブに合うように曲げる。
  4. 軸に接着剤を塗る。
  5. 元のまつ毛の生え際のすぐ上につけまつげを接着する。
  6. つけまつげの軸が目立たないよう、アイライナーやアイシャドウを塗ってなじませる。
  7. 必要があればつけまつげにもマスカラを塗布する。
  8. 取り外すときは端から軽く引いてはがす。
  9. 軸から接着剤をはがし、汚れを取り、ケースなどに保管する。製品の種類、使い方にもよるが20~30回繰り返し使用可能である。

脚注・出典[編集]

  1. ^ つけまつげの歴史”. コージー本舗 (2009年6月29日). 2013年11月27日閲覧。

関連項目[編集]