手鏡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

手鏡(てかがみ)は、手に持って使う携帯可能な化粧や身だしなみの確認などで、男女問わず一般的に使用されている。

鏡面の大きさは10cm前後で、下部にの付いた型もしくは、二つ折りのカード型(コンパクトミラー)などが一般的である。値段は様々で日用品として安く売られているものもあれば、ブランド品骨董品など高価でデザイン性の高いものもある。

歴史[編集]

もともと祭祀の道具であった鏡が、化粧道具として浸透していく中で、手鏡が誕生したのは、日本では室町時代以降と言われる。江戸時代には化粧の発展と共に庶民に広く普及していった。

この頃の手鏡は水銀を多用した金属製の銅鏡であり、日本では明治時代になってから、現在のようなガラス製のものが作られるようになった。

小道具としての手鏡[編集]

小説、映画などにおいて、手鏡はキャラクターの心の動きを示す小道具としてよく使われる。たとえば、川端康成の「水月」では、全編を通して手鏡が登場する。また、ポケットから取り出しても不自然ではないものであるため、手品詐欺痴漢の道具としてもしばしば用いられる。

関連項目[編集]