馬油

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

馬油(バーユ、マーユ[1][2])は、の皮下脂肪を原料とする動物性油脂のことである。主に食用の馬を解体する際にの部位から採取される[3]オレイン酸パルミチン酸パルミトレイン酸リノール酸リノレン酸などを多く含んでおり[1]、古くから皮膚治療民間薬に用いられてきたが、医薬品のような効能効果は認められていない[3]

概要[編集]

馬肉生産量が全国1位の熊本県をはじめとする生産地では、地域資源である馬油から基礎化粧品石鹸シャンプーなど様々な製品が実用化されている[4]

馬油はヒト皮脂とよく似た性質を持ち、浸透性、保湿・保護の効果が確認できるため、皮膚の健康を維持する目的での外用剤に適している[5]。通常は固形だが、融点が30-43℃と低く、夏期は外気温で容易に液体化するので、外用剤として利用する際には冷蔵保存が必要である[3][6]

現存する最古の中国医学書と言われている『黄帝内経』や本草学研究書である『本草綱目』には、「皮膚のひびわれを改善する」との効能が書かれていることから、2015年ごろには中国人旅行客の間で日本製の馬油の人気が高まり、いわゆる爆買いのターゲットにもなっている[7]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 化粧品成分用語事典 2012』 中央書院、2012年8月、改訂・完全版、20-21頁。全国書誌番号:22122427ISBN 9784885140440
  2. ^ 道浦俊彦 (2014年12月18日). “新・ことば事情 5618「『馬油』の読み方」”. 読売テレビ. 2015年5月16日閲覧。
  3. ^ a b c QandA 馬油”. 株式会社 薬師堂. 2015年5月17日閲覧。
  4. ^ 馬肉から抽出した栄養分を化粧品に”. J-Net21. 2015年5月17日閲覧。
  5. ^ 馬油による皮膚の保湿効果の検討”. 日本皮膚科学会西部支部. 2015年5月17日閲覧。
  6. ^ 第23回<脂肪のかたさが畜種によって違う理由> 日本獣医畜産大学畜産食品工学科肉学教室”. 岡山大学 農学部 食肉品質研究会. 2015年6月6日閲覧。
  7. ^ なぜ「馬油」はこれほど中国人に人気なの?=中国メディア”. サーチナ (2015年8月10日). 2016年8月19日閲覧。

関連項目[編集]