爆買い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
爆買い
各種表記
繁体字 爆買
簡体字 爆买
拼音 bào mǎi
発音: バオマイ
日本語読み: ばくがい
テンプレートを表示

爆買い(ばくがい)とは、一度に大量に買うことを表す俗語である[1][2][3]。主に来日した中国人観光客が大量に商品を購買することに用いられ、2014年頃までに定着した[1][4][5]2015年2月の春節休暇に中国人観光客が日本を訪れ高額商品から日用品まで様々な商品を大量に買い込む様子を「爆買い」と表現して、多くの日本メディアが取り上げた[6]。中国側のメディアによれば春節期間中、日本を訪れた中国人観光客は45万人にのぼり、消費額は66億元(1140億円)を記録し、日本企業にとってビジネスチャンスとなっている[6][7][8][9]。この用語は2015年ユーキャン新語・流行語大賞の年間大賞に選出された[10]。中国語表記は、繁体字: 爆買; 簡体字: 爆买; ピン音: bào mǎi; ウェード式: pao maiである[11]

また、かつての日本のバブル景気までの時代に、ヨーロッパアメリカなどの観光地などを訪れる日本人旅行客が現地で土産物などの商品を大量に買い込んでいた行為を、近年の訪日中国人旅行客になぞらえて「爆買い」と形容する動きもみられる[12][13]

爆買いの要因[編集]

中国人の爆買いを支えている要因は大きく分けて3つある。一つは「元高円安」、一つは「日本製品の品質・性能への信頼」、一つは「中華人民共和国税制に起因する内外価格差」である。中国の現在の税制では、ある特定の日本製品を中国で買うよりも、日本で買って持ち帰ったほうが大幅に安くなること(例えば化粧品などは半値くらいになる場合がある。)と日本が免税品の対象を拡大したことである。さらには中国人特有の気質として、転売目的や家族親戚以外の他人へ渡す目的も多いと推測されている[14][15][16]。これらの代理購入・代理購買を中国語では、繁体字: 代購; 簡体字: 代购; ピン音: dài gòu; ウェード式: tai kouと表記する[11]

日本では2013年12月に観光庁により「外国人旅行者向け消費税免税制度の改正」が発表され、地域への外国人観光客の誘客に向けた取り組みがはじまった[17]。平成26年度税制改正において訪日外国人旅行者向け消費税免税制度の改正が行われた[18]。従来、免税対象品目は家電機器装飾品衣類等に限られていたが、免税販売の対象ではなかった消耗品(食品類、飲料類、薬品類、化粧品類その他の消耗品)について、一定の不正防止措置を講ずることを前提に免税対象とした[18]。2014年(平成26年)10月より施行された[18]。また、同年度の税制改正では、様式の弾力化及び手続の簡素化も行われ、「購入記録票」及び「購入者誓約書」は、特定の様式を定めず、記載すべき事項を記載していればよいこととなった[18]。訪日外国人旅行者の急増や上述のような消費税免税制度の改正により、2014年(平成26 年)に入り免税店の店舗数が急増し、4月1日時点では5777店であったが、2015年(平成27年)4月1日時点では約3倍の1万8779店(対前年比225.1パーセント増)となった[18]

購入に際して、中国人が人民元を両替した日本円の現金決済に加え、最近中国で発行が増加している銀聯カードでの決済も普及している[19]。日本円の調達には、たとえばセブン銀行が積極的であり、訪日外国人にも引き出し金融機関として認知度が高いようである[20]

爆買いの対象となる人気商品[編集]

爆買いの定番商品であり、中国人観光客の間で「四宝」と呼ばれているのは「炊飯器」「魔法瓶」「温水洗浄便座」「セラミック包丁」である[21]。中国の通信機器ソフトウェアメーカー小米科技(シャオミ)の最高経営責任者である雷軍は、「日本の電気釜は確かによくできている」と述べ、中国の製造業の品質向上を促した[22]。その他では、医薬品化粧品も人気となった[21]

「爆買い」の定番商品である化粧品

日本人の顔立ちをもとに開発されてきた国内向けの化粧品は、繊細な色づかいや目元を大きく見せる点などで優れており、顔立ちの似ている他のアジアの国でも「カワイイ」と人気が高まっている。化粧品が免税の対象に加わったことは外国人観光客による大量買いにつながった[23]。化粧品以外にもドラッグストアで売られている物の多くが人気を集めている。日本に滞在中の中国人留学生などが本国へ情報発信しながら、「代理爆買い」と呼ばれる買い物を請け負うサービスを始め、注文のあった商品をまとめ買いする姿が夜の新宿を中心に目立つようになった[24]

2013年頃から、日本製の紙おむつに対する「爆買い」が顕著になり始めた[25]。2016年現在、日本の紙おむつの需要は子供用と大人用合わせて2000億円市場となっているが、子供用の需要は安定し、大人用の需要が拡大している[25]。そのなかで子供用に「爆買い」の影響がみられるという[25]

爆買いの対象として変わったところでは、岩手県の「南部鉄器」で知られる鉄瓶がある[26]2010年上海万博で紹介され、白湯とプーアール茶の相性のよさから中国人富裕層の人気を呼んだ[26]。中国切手も売れている[26]。特に文化大革命期の中国切手は、当時切手収集が禁止されていたこともあり、発行枚数が少なく、この時期に発行された切手は、中国人収集家の間では貴重品として人気が高い[26]。1セット80万円もする希少品もある[26]。また、日本の産業用ロボットも炊飯器や温水洗浄便座に匹敵する「爆買い」の対象となってるとされ[27][28]美的集団のロボット世界大手クーカ買収などのように中国政府の製造業振興政策による影響とされてる[29][27]

言葉の歴史[編集]

「爆買い」という言葉は、新聞記事などでは2015年の春節のころより桁違いに使われるようになった[30]が、テレビではそれ以前より使われていた。そもそも中国人が大量に商品を購入する行動は2008年ごろより目立ってきており、2009年には『FNNスーパーニュース』(フジテレビ)9月9日放送「スーパー特報/旋風拡大ニッポン“爆買い”現場中国人団体ツアーを追え」で「爆買い」という言葉が登場した[31]。なお、個人ブログには「爆買い」という言葉がそれ以前からあったことが確認されている[31]。その後、2010年に『NNN Newsリアルタイム』(日本テレビ)1月12日放送で「密着! 中国人観光客現金飛び交う“爆買いツアー”」が、『スーパーJチャンネル』(テレビ朝日)7月5日放送で「中国人が大挙来日! 美術品“爆買い”ツアーで現金飛び交う」が放映され、以後も定期的な報道が見られる[31]

他の「爆買い」の例[編集]

羽衣チョーク

「爆買い」の言葉は、中国資本による日本の都市部での不動産投資にも使われている。大量ではないものの現金で支払われる大きな買い物であることからそう呼ばれた。不動産の爆買いは日本だけでなく、アメリカを筆頭にオーストラリアイギリスなど欧米諸国でも起きてるとされる[32]アベノミクス円安によりシンガポール香港ロンドンなどの他の都市と比べて割安感が増したのと、圧倒的な新築物件の多さが魅力となっている。また、東京大阪などへの購入者のためのツアーも組まれている[33]。活発な都市部での不動産購入から黒田東彦日本銀行総裁マイナス金利政策最大の受益者は中国人とする見方もある[34]。不動産だけでなく、美的集団の東芝家電部門買収や米KSSによるタカタ買収など中国資本による日本企業の買収も「爆買い」と報じられた[35][36]。また、中国による日本国債の「爆買い」も報じられ[37]2016年には世界最大の日本国債保有国となっている[38][39]。ただし、「爆買い」が造語される前から中国政府系ファンドによる200社前後の日本企業の大量株取得[40][41][42][43]や日本国債の大量保有[44][45]は取り上げられていた。日本のアニメアニメーターに対する中国企業の「爆買い」も報じられてる[46][47]

2015年4月30日放送のNHK所さん!大変ですよ』では、「文房具“爆買い”騒動の謎」と題し、品質が高く使い勝手のよいチョークを製造していた羽衣文具が廃業を公表したのが発端となり、2014年10月に日本各地でチョークの爆買い騒動が起きたと報じられた。国内で備品として確保しようとする教育機関教員による買い占めが相次いだだけでなく、スタンフォード大学ブライアン・コンラッド英語版教授を中心としたアメリカの数学者約200人で、1トンのチョークの在庫を共同購入していたことが明らかになった。同教授によれば「アメリカのチョークはもろく折れやすい。折れるたびに思考が停止し、集中が持続できない」のだという[48][49]

日本以外でみられる爆買いの例として、韓国においても、中国人観光客らに対する化粧品の販売・輸出が好調である[50]ソウル中心部の明洞の通称「コスメ・ロード」では、中東呼吸器症候群(MERS)問題が深刻化した2015年6月ごろ観光客が激減したが、同年10月には中国人観光客が戻ってきて、化粧品を「爆買い」していると報じられている[50]。同年4月にソウル市内の韓国最大級の美容展覧会が開かれ、中国の化粧品販売業者との間で保湿用の馬油クリーム2万個を販売するといったような「大型商談」をいくつもまとめた韓国企業もあったという[50]

2015年9月23日には、中国共産党習近平総書記がアメリカボーイング社の工場を訪れ、旅客機300機の発注で合意したことが「爆買い」として報じられた[51][52]。同年10月に習総書記がドイツを訪れてエアバスの旅客機130機を発注した際も「爆買い」と報じられた[53]

諸問題[編集]

受け入れ側の諸課題[編集]

免税店や高級ブランド品が並ぶ銀座・中央通りでは、中国人観光客による「爆買い」客の利用する観光バスの路上駐車が問題になっている[54]。この地域を受け持つ築地署には2014年3月頃から「通行の邪魔」という苦情が寄せられるようになった[54]。警察でもバスに対して注意することもあるが、周辺をぐるりと回って元の位置に戻ってくるという[54]。「近くに駐車場もないし、乗降場所もないし、仕方がない」というのはバスの運転手の弁である[54]。予定時間内に戻って来ない客が多いのも駐車時間が長引く理由の一つであるとも話した[54]。一方で、大丸松坂屋百貨店などで作る組合が進める銀座6丁目再開発計画では、観光バス乗降場の建設を計画するが、バス駐車場の建設の計画はない[54]。地元の町会・商店会などでつくる全銀座会の関係者は「これからもっと多くの外国人を迎えるというのなら、国や都は駐車場などの整備を進めてほしい」と訴える[54]。都内屈指の観光地浅草寺では、台東区が4か所で観光バス57台分の駐車場や待機場を有料で貸し出しているが、区交通対策課の担当者は、「昼間は満車の状態が続き、駐車場は足りていない」と話した[54]。また、秋葉原周辺でも観光バスに関する苦情がここ1、2年で増えている[54]

日本を訪れる外国人観光客が急激に増えているのに伴い、国家資格である通訳案内士が不足に陥っているのにつけこんで、怪しげな健康食品を大量購入させようとしたり、誤解に基づく日本の歴史や文化を紹介したりするような、無資格通訳案内士が横行していると報じられている。これに対し日本政府・国土交通省は、「旅行者の満足度を低下させるだけではなく、日本の信頼や印象形成にも悪い影響を及ぼす」として、中国当局と連携しながら実態の把握に向けた調査の準備に取り掛かった[55]。また、2014年当時に増加中の中国人客の対応にあたって、中国人留学生を雇い入れ「週28時間の法定上限時間を超えて働かせた」として、法人のラオックスおよび同社の中国人社長が2015年12月25日までに不法就労容疑で書類送検された。なお、この事件では同容疑で「大阪道頓堀店」の元店長ら店関係者3人と中国人留学生4人が逮捕、11人が書類送検されている[56][57]

中国国家外国為替管理局英語版は2015年10月1日までに、「銀聯カード」による海外での外貨引き出し上限額を2016年1月1日より、1枚当たり1日1万元から1年間で最高10万元までに規制すると発表した。政府幹部らが汚職で得た人民元を海外で資金洗浄したり、人民元安の進行を見込んだ富裕層らが海外へ資金を流出させたりするのを防ぐ狙いがあるものの、中国人観光客による爆買いにも影響すると見られている[58]

紙おむつをめぐる事件等[編集]

2012年頃からドラッグストアなどの紙おむつコーナーで、人気商品[59]に対し一人あたりの購入数を制限する貼紙が目立つようになった。背景には「中国製は恐い。信用できる日本製がほしい[60]」という本国での不安に便乗し、転売による収益を目当てにした中長期在留者の中国人グループの存在があるとされている[61][62]

これについては、短期滞在の旅行者としてではなく、就労査証で日本に滞在しながら、在留資格外活動を行ったとして、出入国管理法違反で検挙・強制送還された例もある[62][63][64]。なお、西日本新聞の取材によると、中国と距離的に近い福岡市には、少なくとも30の「爆買い代行業」が存在し、一部には事業所開設に必要な在留資格の不適切な取得が疑われるケースもあるという[65]

また、紙おむつに関する爆買いでは、日本に生活の拠点を置く中国人らによる争いも目立ち始めており、

  • 2015年8月に神戸市垂水区のホームセンターにて、日本人の配偶者1人を含む、7人による乱闘騒ぎがあった[64][66]
  • 同年7月に京都府城陽市のディスカウントストアで起きた、中国出身の日本人2人を含む8人による乱闘では、同年9月に傷害容疑[64][67]
  • 2016年1月には和歌山市のベビー用品店にて、客の1人が手提げカバンで店長の顔を殴ったとして暴行容疑[68]

それぞれ逮捕者が出たと産経新聞が報じている。

中国人の爆買いに難色を示す店舗も出始めており、販売の拒否または数量制限の説明をすると、満足する数量を購入できないことから店員に対する暴行や、店舗に対する嫌がらせを行なうといった犯罪も問題になっている[69]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 爆買い(ばくがい)とは”. コトバンク. 2015年10月11日閲覧。
  2. ^ “「爆買い」「大人買い」英語で言うと?”. 読売新聞. (2006年4月9日). オリジナル2015年9月30日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20150930123121/http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/learning/english/20150402-OYT8T50161.html 2015年10月11日閲覧。 
  3. ^ “日本政府観光局 「食」で外国人を地方へ”. NHK. (2015年9月30日). オリジナル2015年9月30日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20150929234225/http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150930/k10010252601000.html 2015年10月12日閲覧。 
  4. ^ “総額2200億円!中国人旅行者の”爆買い””. 東洋経済新報社. (2014年11月23日). http://toyokeizai.net/articles/-/54031 2015年9月29日閲覧。 
  5. ^ “平均45万円! 中国人旅行者が「爆買い」するアイテム”. 日刊ゲンダイ. (2014年12月18日). http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/155833 2015年9月29日閲覧。 
  6. ^ a b 菊池(2015年)147ページ
  7. ^ “春節「爆買い」1140億円 商戦をデータでひもとく”. 日本経済新聞. (2015年3月2日). http://www.nikkei.com/article/DGXMZO83747080X20C15A2X1G000/ 2015年9月29日閲覧。 
  8. ^ “便座まで爆買いする中国人の“日本製信仰”(上) ――ジャーナリスト・中島恵”. ダイヤモンド社. (2015年4月14日). http://diamond.jp/articles/-/70041 2015年9月29日閲覧。 
  9. ^ “なぜ中国人は日本で「便座」を爆買いするのか”. 東洋経済新報社. (2015年4月22日). http://toyokeizai.net/articles/-/66595 2015年9月29日閲覧。 
  10. ^ 自由国民社. “2015ユーキャン新語・流行語大賞発表”. 2015年12月1日閲覧。
  11. ^ a b “春節商戦に冷や水!?中国「爆買い禁止令」の真相”. ダイヤモンド社. (2016年2月12日). http://diamond.jp/articles/-/86126 2016年2月19日閲覧。 
  12. ^ “ミスターMのおいしい旅の話「次の旅はここへ行け!」 Vol.104「日本人は中国人の爆買いを笑えない!?」”. Hotelista. https://hotelista.jp/column/mister-m/1213240.html 2017年1月2日閲覧。 
  13. ^ 鴻上尚史 (2016年5月1日). “日本人も昔はセンスのかけらもない爆買いをしていた”. ZAKZAK産経新聞社. http://www.zakzak.co.jp/zakspa/news/20160501/zsp1605010830001-n1.htm 2017年1月2日閲覧。 
  14. ^ 意外と知らない中国人爆買いの理由 日本交通公社 観光政策研究部次長 塩谷英生 読売新聞 2015年12月25日
  15. ^ “温水便座の次はカバー 中国人観光客、大量買い最前線”. 日本経済新聞. (2015年6月5日). http://www.nikkei.com/article/DGXMZO87590120S5A600C1000000/ 2015年9月30日閲覧。 
  16. ^ “京阪神百貨店の「爆買い」全国上回る伸び 4月は前年の4倍 免税対象拡大で押し上げ”. 産経新聞. (2015年8月31日). http://www.sankei.com/west/news/150831/wst1508310097-n1.html 2015年9月30日閲覧。 
  17. ^ 日本でのショッピングの魅力向上と、地域への外国人観光客の誘客に取り組みます。”. 観光庁 (2013年12月13日). 2015年9月30日閲覧。
  18. ^ a b c d e 観光白書(2015年)56ページ
  19. ^ 銀聯カード利用3倍超 2月600億円、訪日中国人「爆買い」 日本経済新聞 2015年3月7日
  20. ^ 両替・クレジットカード利用環境 国土交通省”. 2017年9月7日閲覧。
  21. ^ a b もりひろし (2015年9月5日). “四宝とイナゴ――「爆買い」の関連語たち。”. 日経ビジネスオンライン. http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/opinion/15/216653/090300010/ 2015年10月2日閲覧。 
  22. ^ 朝日新聞(2016年3月7日)夕刊第2面「めざせ「日本の電気釜」全人代で企業に訴え」
  23. ^ “「カワイイ」を世界に 人気高まる化粧品”. NHK. (2015年9月27日). オリジナル2015年9月27日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20150927134615/http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150927/k10010249751000.html 2015年10月11日閲覧。 
  24. ^ “夜の新宿は中国人の「代理爆買い」で沸騰中”. 東洋経済新報社. (2015年8月16日). http://toyokeizai.net/articles/-/80669 2015年9月30日閲覧。 
  25. ^ a b c 朝日新聞(2016年3月12日)夕刊第4面「(シリーズ)あのとき、それから テープ型紙おむつ登場 軽く薄く安く 育児の定番に」
  26. ^ a b c d e 日本経済新聞(2016年4月7日)夕刊第1面「「爆買い」ここにも 中国中間層に厚み」
  27. ^ a b “便座や電気炊飯器だけではない! 中国が「日本製ロボット」を爆買いする理由=中国報道”. サーチナ. (2017年7月10日). http://news.searchina.net/id/1639450 2017年7月10日閲覧。 
  28. ^ “中国、人手不足でロボ爆買い 川重や不二越が増産”. 日本経済新聞. (2017年6月16日). http://www.nikkei.com/article/DGXLZO17793110W7A610C1EA5000/ 2017年7月10日閲覧。 
  29. ^ “旅行客だけじゃなく、中国企業までが日本のロボットを爆買いする理由=中国”. サーチナ. (2017年5月12日). http://news.searchina.net/id/1635515 2017年7月10日閲覧。 
  30. ^ もりひろし (2015年8月22日). “「爆笑」から「爆買い」までの90年史”. 日経ビジネスオンライン. http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/opinion/15/216653/081800008/ 2015年10月2日閲覧。 
  31. ^ a b c もりひろし (2015年8月29日). “テレビは「爆買い」をどう伝えたのか?”. 日経ビジネスオンライン. http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/opinion/15/216653/082800009/ 2015年10月2日閲覧。 
  32. ^ “中国の海外不動産「爆買い」4兆円突破 最高額記録を更新へ”. フォーブス. (2016年12月13日). https://forbesjapan.com/articles/detail/14600 2017年7月10日閲覧。 
  33. ^ “中国マネー爆買い、都心マンション高騰に一役-庶民には高根の花 (2)”. ブルームバーグ. (2015年7月3日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NLT6TX6K50YC01.html 2015年9月30日閲覧。 
  34. ^ マイナス金利の受益者は中国人 東京などで不動産買い加速”. ZAKZAK (2016年10月7日). 2016年10月28日閲覧。
  35. ^ アベノミクスの円安誘導 中国の日本企業爆買いを促進”. NEWSポストセブン (2016年3月28日). 2016年10月28日閲覧。
  36. ^ タカタが民事再生法申請へ中国“爆買い”新興企業の高笑い”. 週刊ダイヤモンド (2017年7月1日). 2017年7月10日閲覧。
  37. ^ 日本国債の「爆買い」で中国が利益、「上手な取引」=中国メディア”. サーチナ (2016年10月27日). 2016年10月28日閲覧。
  38. ^ 负利息也要买!中国成为日本最大债主,一年投入近千亿美金”. 每经网 (2017年2月11日). 2017年2月20日閲覧。
  39. ^ 中国が日本国債を爆買い!?保有額世界一との報道に「愛国はどこに行った?」「米国債を売って日本国債を買うとはなかなかやるな」―中国ネット”. Record China (2017年2月13日). 2016年10月28日閲覧。
  40. ^ 中国系ファンドが投資する日本企業269社 社名 保有額 (PDF)”. 東洋経済新報社. 2017年7月15日閲覧。
  41. ^ トヨタにドコモ、日立も 中国系ファンドに買われた日本企業238社の行方”. ビジネスジャーナル (2012年10月5日). 2017年7月15日閲覧。
  42. ^ 日本企業大株主、姿消す中国マネー 名義変更?投資額ピークの33分の1に (1/2ページ)”. フジサンケイ ビジネスアイ (2014年6月26日). 2017年7月15日閲覧。
  43. ^ 中国政府系ファンド、トヨタなど日本企業174社で大株主に”. AFP (2012年6月28日). 2017年7月15日閲覧。
  44. ^ “中国、日本国債減らしの怪 (真相深層)”. 日本経済新聞. (2014年6月21日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS16012_W4A610C1SHA000/?dg=1 2017年7月15日閲覧。 
  45. ^ “中国、12年も世界最大の日本国債保有国に”. 人民網. (2013年5月31日). http://j.people.com.cn/94476/8262690.html 2017年7月15日閲覧。 
  46. ^ 中国勢が日本のアニメを「爆買い」する事情”. 東洋経済新聞社 (2017年3月27日). 2017年7月10日閲覧。
  47. ^ 中国企業が日本のアニメーターを爆買い!?=「つまり金ですべてを解決できる」「でも素晴らしいストーリーがなければ人気は出ない」―中国ネット”. Record China (2016年12月28日). 2017年7月10日閲覧。
  48. ^ 所さん!大変ですよ - 2015/04/30(木)放送”. TVでた蔵 (2015年4月30日). 2015年10月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年8月20日閲覧。
  49. ^ 足立修一 (2015年5月4日). “チョーク 「爆買い」 騒動の謎”. 慶應義塾大学理工学部 物理情報工学科 足立研究室. 2015年10月2日閲覧。
  50. ^ a b c 朝日新聞2015年10月28日朝刊第10面「K(韓国)ビューティー お肌の世界戦略 化粧品『爆買い』中国客戻る」
  51. ^ 中国習氏訪米:「爆買い」展開…旅客機300機4.5兆円”. 毎日新聞 (2015年9月24日). 2015年9月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年2月4日閲覧。
  52. ^ “習主席、札束訪米も市場は冷ややか ボーイング300機「爆買い」評価されず”. ZAKZAK. (2015年9月25日). http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20150925/frn1509251140001-n1.htm 2016年2月4日閲覧。 
  53. ^ “中国がメルケル独首相を“爆買い”で歓待 エアバス130機購入”. 産経新聞. (2015年10月30日). http://www.sankei.com/world/news/151029/wor1510290037-n1.html 2017年7月10日閲覧。 
  54. ^ a b c d e f g h i 朝日新聞2015年12月10日夕刊第1面「銀座で爆買い 路駐バスの列 外国人客迎え「通行の邪魔」苦情
  55. ^ “訪日外国人:急増で「想定外の変化」 「闇ガイド」横行、「爆買い」バスで混乱”. 毎日新聞. (2015年8月30日). http://mainichi.jp/feature/news/20150830mog00m020004000c.html 2015年10月30日閲覧。 
  56. ^ “「爆買い」ラオックス社長を書類送検 中国人の不法就労助長疑い 大阪道頓堀店で”. 産経新聞. (2015年12月25日). http://www.sankei.com/west/news/151225/wst1512250061-n1.html 2016年2月8日閲覧。 
  57. ^ “ラオックス不法雇用:爆買い火付け役 利益優先のツケ”. 毎日新聞. (2015年12月26日). http://mainichi.jp/articles/20151226/k00/00m/040/170000c 2016年2月8日閲覧。 
  58. ^ “中国人“爆買い”にブレーキ? 大人気のカードに引き出し制限、幹部の資金流出を牽制か”. 産経新聞. (2015年10月1日). http://www.sankei.com/world/news/151001/wor1510010029-n1.html 2015年10月3日閲覧。 
  59. ^ 特に花王製品の「メリーズ」シリーズが爆買いの対象製品となる傾向が強い。
  60. ^ ただし、「メリーズ」シリーズを発売している花王によると、中国工場で製造した物と日本国内の工場で製造した物は素材や製造過程に違いは無く、全く同じ品物であると証言している。[要出典]
  61. ^ “消えた「メリーズ」…中国人買い占め、転売で〝ボロもうけ〟 ついに捜査のメス”. 産経新聞. (2014年10月27日). http://www.sankei.com/west/news/141027/wst1410270001-n1.html 2015年10月3日閲覧。 
  62. ^ a b ““中国二人っ子”日本直撃 紙おむつ爆買いさらに増加か”. 東京スポーツ. (2015年11月7日). http://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/467951/ 2016年2月6日閲覧。 
  63. ^ “在日中国人への取り締まり強化で日本人に追い風”. ZAKZAK. (2015年6月25日). http://www.zakzak.co.jp/zakspa/news/20150625/zsp1506251129002-n1.htm 2016年2月6日閲覧。 
  64. ^ a b c “ホームセンターで家族総出…紙おむつ爆買いで中国人7人ら乱闘”. サンケイスポーツ. (2015年8月9日). http://www.sanspo.com/geino/news/20150809/tro15080905020001-n3.html 2016年2月6日閲覧。 
  65. ^ “爆買い代行業、福岡市に30業者超”. 西日本新聞. (2016年1月3日). http://qbiz.jp/article/77893/1/?utm_campaign=nnp_article&utm_souce=nnp&utm_medium=nnp_web 2016年2月6日閲覧。 
  66. ^ “紙おむつ爆買いめぐり中国人ら乱闘 数人けが 以前同じ売り場で口論した客同士が鉢合わせ”. 産経新聞. (2015年8月13日). http://www.sankei.com/west/news/150808/wst1508080051-n1.html 2015年10月3日閲覧。 
  67. ^ “ヨソの国に来て何やってんの? 爆買い中国人グループ あきれた紙おむつ争奪乱闘劇”. 産経新聞. (2015年9月15日). http://www.sankei.com/west/news/150915/wst1509150005-n1.html 2015年10月3日閲覧。 
  68. ^ “また紙おむつ爆買いトラブル…中国籍の女が手提げカバンで店長殴り逮捕 和歌山”. 産経新聞. (2016年1月21日). http://www.sankei.com/west/news/160121/wst1601210009-n1.html 2016年2月6日閲覧。 
  69. ^ “〝ブローカー〟多数出現”. 産経WEST (産経新聞社). (2014年10月27日). http://www.sankei.com/west/news/141027/wst1410270001-n3.html 2016年8月12日閲覧。 

参考文献[編集]

  • 一般社団法人中国研究所編『中国年間2015』(2015年)発行所一般社団法人中国研究所・発売毎日新聞出版(「動向 経済 概観」の章、執筆担当;菊池直樹)
  • 観光庁編『観光白書(平成27年度)』

関連項目[編集]

外部リンク[編集]