ヘアーエクステンション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヘアーエクステンション

ヘアーエクステンション: hair extension)は、化学繊維(ファイバー・アクリル)や人毛で作られた毛束であり、付け毛(つけげ)・部分かつらの一種である。単にエクステンション、あるいはエクステと略することが多い。地毛に接続して装着する。「エクステンション」は「延長する」「継ぎ足す」ことを意味する言葉であり、毛髪の延長用の付け髪自体は日本では平安時代から使われている[1]

概要[編集]

接着剤や金属チップ、特殊な熱収縮チューブや糸ゴムなどを使って、本来生えている髪の毛に取り付けたり、編み込んだりする。一度装着すると、装着方法にも依るが概ね1-2ヶ月程度保ち、洗髪やヘアメイクをしても外れない。

一般では化学繊維と人毛の見分けは付けにくい。ただ、人毛やたんぱく質毛の場合はアイロンなどの使用に耐えられるが、化学繊維などの場合の多くのものは、アイロンなどの熱処理は避けるべきであり、縮れたり熔けたりする場合がある。人毛と化学繊維の見分けが付かない時は装着する際に、人毛か化学繊維かを確かめておくことは重要である。

エクステの爆発的な普及以前は、原宿の特殊系サロンを中心に、ドレッドやブレイズといったブラックヘアーを行う技術として人気があったが、90年代後半にニューヨークの黒人の間で、ストレートのモノファイバーを付ける事が流行し、日本でもブラックカルチャーを好む女性を中心に、モノファイバーをストレートのエクステとして使用する事が一部で流行する。 しかし、モノファイバーは熱に弱く、シャンプーなどを行う事で毛が絡む為、一般的には普及しなかった。 その後2001年頃、渋谷の美容室が、当時8万円前後で施術されていた人毛でのエクステを、ギャル雑誌のヘア特集内で3万円程の価格設定を発表した事により10代から20代前半の女性の間で爆発的に普及した。 施術できるサロンも、渋谷を起点に、全国に普及した。 エクステをテーマとしたヘアカタログはもちろん、一般向けに実施されたヘアショー「ULTRA SALON」は中規模クラブでの開催ながら、初回は3000人、翌年は渋谷のクラブWOMBに5000人を集客し、エクステが一般に定着するきっかけとなった。

エクステ毛は中国や東アジア、インド、中東、アフリカ、ロシア近郊などの人が長く伸ばした髪を加工(染色・コーティング)した製品が、日本をはじめ世界中で使用されている。世界のヘアーエクステンションの原毛の供給で世界の半分以上は中国産となっている。毛質によって価格は様々であるが、つまり(長さの割合の段数)や重量、長さ、などで価格が変わる。

髪の毛は、一部の国では「黒いダイヤ」とも呼ばれており、若い女性の髪の毛は特に高価である。

長い人毛は供給量が年々少なくなっており、また為替の影響もあり品質の良いものは年々価格が高騰してきている。

装着後にパーマやカラーもできるが、キューティクルやコーティングが剥がれてしまいダメージを受けるので避けるべきである。ヒューマンヘア(人毛)と形状記憶人工毛を混ぜたエクステや人工たんぱく質毛も存在している。

ヘアーエクステンションを代表する人毛の加工は、世界需要のほとんどが中国で行われており国の基幹産業の一つである。人毛の供給元は、以前は中国の一般人のものが9割近く占め大半であったが、中国人の生活水準が上がり髪の毛を売らなくなっている傾向があり、中国の仕入工場は現在はミャンマーベトナムインド、バングラデシュ、中東、アフリカ、ロシア、から持ち込まれているものが多い[2]

装着方法[編集]

プルエクステンション[編集]

2010年から日本で販売開始され、瞬く間に広がったヘアーエクステンション。2017年度では日本で最も売れているヘアーエクステンション。

ヘアーエクステンションの中ではとても珍しく、商標登録と国際特許の両方を取得済みである。

一般的に技術的に専任の技術者がついており、どこの美容室でも取り扱えるわけではなく、販売エリアを分割し販売している。 毛質は世界最高クラスの品質を謳っており、毛質の持ちやサラサラな手触りなど、ほかのヘアーエクステンションとは一線を画している。概要欄でも表記があるが、1−2ヶ月程度持つのが通常であるが、プルエクステンションは3-6ヶ月は綺麗な状態が続き、手入れが良ければ1年でも長持ちするという例もある。

取り付け方法も独特で、取り付け部分も世界最小、特殊な技術で紐を引っ張るだけで取り付けられるほか、「早く乾燥できる」「痛くない」「スタイルに自由がきく」「染められる」「つけ心地が軽い」「化学薬品をつかわない」などの今までのヘアエクステンションの問題点を解決した商品と言える。

上位品質の「ダイアモンド」は世界初となる品質保証がついており、その他のグレードの商品も圧倒的な品質であると口コミも多数ある。

ほとんどの部分でデメリットがなく、外す際には、プルエクステンション公認の技術者の元で外すこと、または、外すことが自分でできない事がデメリットであるが、これは超音波やシールなどの接着剤を使うエクステも同じ。だが、化学薬品や接着(アクリル系テープ)を使っていないので、髪の毛に優しく、プルエクステンションは天然の綿糸で取り付けるため安全である。

なお、プルエクステンション公認の技術者で取り外しを行うと、全頭で15分前後で取り外しができるが、まったく技術が無いサロンなどで取り外しを行うと同じ本数でも2時間かかった例もある。ほかにも、「地毛が切れてしまう」などの美容法では”傷害罪”の恐れになる可能性もあるので、注意が必要である。

編み込み[編集]

エクステンションを地毛の根元に編み込み、糸ゴムなどで縛る方法。サロンでの扱いが多く一般的にニーズが高い。

三つ編み[1] と 四つ編み の二つが編み込みの主な技法である。普通の三つ編みは技術者一人で簡単に行うことができるが、エクステンション装着の特殊三つ編み込みは熟練が必要である。四つ編み込みは比較的簡単で早く取り付けるために二人掛りで行う為、比較的早く施術できるといったメリットがある。

編み込みは装着する一本あたりの毛量を自在に調整できたりカラーの調整が出来たりと自由度が高い、装着部の違和感は他の装着方法に比べ大きく洗髪後十分乾燥させないと装着部が臭くなったり、痒くなったりとデメリットもある。取り外しは編み込み部の糸ゴムを切れば自分で容易にできる。

編み込んでいる取り付け部分が、乾きにくく、蒸れると、匂いが出たり、清潔でなくなるなどの問題があるので、しっかりと乾かすなどの対策が必要である。

一部、ループ編みという特許取得されている編み方もある。

金属チップ[編集]

直径5mm前後の金属製リングにヘアーエクステンションと地毛を通し、工具ペンチで地毛の根元に圧着する。

元々は金属製リングは1つで取付を行うものであったが、安易に取れてしまうため、リングを2つないし3つ使用することがある。

毛を通す量の調整が難しく、毛が少なすぎてヘアーエクステンションが抜けてしまう、毛が多すぎて圧着の際に、元々の地毛が切れてしまうなどの事例もある。金属チップに通す毛量に制限があるため一本あたりの太さは細くなる。

取り外しは再度ペンチで金属チップを緩めて取り外す。この際も、地毛が切れるなどトラブルが起きやすく、外す際には注意が必要である。

接着・超音波[編集]

何らかの接着剤を用いて地毛とエクステンションを接着する方法。市場に出回る1本の標準は0.5g

従来グルーガンと呼ばれる拳銃型の装置で、棒状の接着剤を溶かし接着するタイプが主流だったが、現在はヘアーエクステンションの根元部分に一部ケラチンをしようした接着剤またはケラチンを使用したチップ型接着剤を使用して、その接着剤がついた毛束をアイロンで溶かして接着するものが多い。超音波エクステと呼ばれるものも超音波アイロンで接着するので同じ方法といえる。後述する熱収縮チューブと併用して用いる場合もある。

これもやはりチップに通す毛量に制限があるため、一本あたりの太さは細くなる。接続部分が小さく目立ちにくい。

取り外しは専用の薬液で行うので自分で取り外すのは困難である。基本的にはネイルで使用される除光液や、強力なリムーバーを使用する。

また、接着剤の成分が完全に安全とは言い切れず、髪の毛にも接着剤を溶かして接続するためダメージが無いとは言い切れない。さらに上記でも表記した、取り外す際に使用する薬剤も髪の毛専用ではないため、根元のキューティクルが剥がれるなどの問題点も多い。

熱収縮チューブ[編集]

長さ5~15mm 直径3~5mm程度の熱収縮チューブに地毛とエクステンションを通し、ヘアーアイロンでチューブを収縮させることで装着する。

熱収縮チューブは内側に接着剤が塗られており、収縮と同時に熱で溶ける仕組みのものが多い。接続部分が小さく目立ちにくい。

取り外しは専用のリムーバーで行う。

シールエクステ[編集]

シールエクステは「EXT Bands」ドイツのARCOS(アルコス)社で開発されたヘアーエクステンション。ドイツの特許関連製品であり、46カ国で使用されている。

エクステの根元部分に粘着テープが予め付いており、取り付けにアイロンなどの器具を必要とせず取り付けがとても早い。また平面で取り付けるため装着感が比較的良く、薄いためなじみが良いが、横に動かすと地毛が引っ張られて痛みがあるなど、面で取り付けるデメリットがある。

価格はやや高めで、美容室にとっては簡単に技術が無くても取付を行えるため、利益を上げやすいなどのメリットがある。

最近は、3Mなど世界的な接着剤メーカーなどの材料を使うことにより強力なシールを使用し、部分が薄く柔らかい物も出てきているが、発売して10年経っても両面テープで取り付けるため、取付の地毛は根元につけるためキューティクルが残っている健康的な部分なので、どうしても1〜2週間で取れやすい。

現在は「EXT Bands」以外で、海賊版も多く出回ってきており、数日など短期間で外れたり、自分で取り外せない物もある。

最近では、取れやすい対策として、両面テープ部分の補強として上記の「接着・超音波」でも使用する接着剤を使用して、長時間つけることが可能であるが、結局は超音波などの方法と接続方法が同じになっているため、髪の毛へのダメージや、取り外す際の懸念や問題点などがある。

現状のヘアーエクステンションの問題点について[編集]

人毛100%の表記について[編集]

現在日本を含む世界中で販売されている、ヘアーエクステンションはほぼ「人毛100%」と表記されているが、そのほとんどが、虚偽の表記である可能性がある。これは、中国を含む東アジア(世界の供給のほとんどを占める)で、材料を売っている現地でそもそも不純物(人工毛やファイバー毛、動物毛)を混ぜている。

人毛の価格に対して、人工毛やファイバー毛は約20分の1、動物毛は約15分の1の価格で売られているので、商品の20〜50%程度混ぜることにより、価格を落とし仕入を安くすることができる。混ぜても一般的に見た目では分からない。

また、世界中から東アジアに押し寄せる、バイヤー(仕入担当)も、1990年代から続く価格高騰により、不純物を入れて価格を下げるように、現地の製造工場(OEM製造)やサプライヤーに仕入れ価格を抑えるために、あえて指示をしている事が多々ある。

そのまま、人毛100%でないまま各国に輸出されて「人毛100%」と美容ディーラーやメーカーが売っている現状がある。これは、世界的に購入するエンドユーザーに対し、虚偽報告であり、一部詐欺行為などの可能性があり、問題視されている。これは、関係省庁や政府が取り締まるにしても、人毛ではないと証明するにはとても難しいため、なかなか対応ができない現状がある。

現在は技術が進歩して、耐熱ファイバー毛も出回っている。以前は80度の熱耐久があったが、2017年現在では150度の熱耐久の物が出てきている。より、こういった人工毛の存在が人毛100%と言う表記が本物かどうかを紛らわせる要因になっている。

取り付けし放題との表記について[編集]

一部、クーポンサイトや雑誌広告にある、ヘアーエクステンション「取り付け放題」と表記しているサロンが多々ある。これは、純粋な取り付けし放題ではなく、もともと数量や時間などが決まっているものであり、表記が過大にされている。

これは、飲食店などにある「食べ放題」と同じとの認識があるが、制限時間内でユーザーが食べられるだけ食べるという「量(消費する金額)の制限がない」が、ヘアーエクステンションの「取り付けし放題」は、100gまで、や、何本まで、という制限があり、時間でもないいわゆるセット売りのような表記である。

この取り付けし放題の表記に対して、一部消費者からも苦情などがあるが、クーポンサイトや雑誌広告などでは未だに表示されており、早い対策や解決が望まれる。

装着後の手入れ[編集]

エクステンションは人毛であっても染色などの製造工程でダメージを受けているので、そして当然ながら皮脂の分泌による自然保護も働かないため、地毛以上にヘアケアには気を使う必要がある。

シャンプー時には、通常の下を向いたシャンプー方法では、絡んだりすることがあるので注意が必要である。シャンプー時には、エクステンションの部分を三つ編みにするなどして、すすいだ後に三つ編みを解くのが良い。もしくは、頭を起こした状態でスポンジなどで装着部分に、薄めたシャンプー剤をつけて根元部分の汚れなどを取って、エクステンションが下に下がった状態で、後ろ向きになってシャワーを後ろから軽く当ててすすぐ…などの方法を採ると良い。

洗髪後の長時間自然乾燥では痛みやすい状態になり、うねりが出るなどして絡みやすくもなるので、ドライヤーで乾かすのが良い。編み込み装着の場合、接合部分が乾きにくく、十分に乾燥させないと臭くなったりするので注意が必要。

毛先が傷んできたり枝毛が発生するようならトリートメントや毛先をカットするなどケアすることで長く良い状態を保つことができる。

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ かもじー江戸時代のエクステンション歴史人公式ホームページ
  2. ^ “中国の人毛加工製品、輸出が急成長”. AFPBBNews (フランス通信社). (2014年8月22日). http://www.afpbb.com/articles/-/3023875?ctm_campaign=txt_topics 2014年8月23日閲覧。