保湿剤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

保湿剤(ほしつざい、moisturizer)は、角質層に潤いやバリア機能を持たせる化粧品。健康な皮膚では人体から出る皮脂の機能である。英語でモイスチャライザー (moisturizer) は水分を保持する保水剤ヒューメクタント[1]、humectant)を含むもので、天然保湿因子 (NMF) を補って保湿作用を持ち、例として尿素ヘパリン類似物質の含有製品がある[2]エモリエント[1] (emollients、皮膚軟化剤) は、油脂の膜を作ることで水分の蒸発を防ぎまた角質層を軟化させるが、例としてワセリンがある[2]

呼称[編集]

モイスチャライザー (moisturizer) の用語の定義に関する、国際的な合意はないが、肌を潤すための販売促進目的で使われてきた。エモリエント (emollients) は、よく同義語とされるが、脂質が構成成分になっており角質間細胞を満たして水分保持を促し、皮膚を滑らかに柔軟にする。ヒューメクタント[1] (humectant) は、吸湿性の物質で角質層に水分を吸収する。オクルーシブ (Occlusive、定訳見つからず、閉塞作用[3])は油が原料で疎水性の膜を形成して水分蒸発を抑える。[4]

保湿の役割[編集]

皮脂は、大部分がトリグリセリドワックスエステルスクアレンから構成され、角質層を覆っている[5]。皮脂の分泌の減少は、一般に女性20代後半、男性50代に始まる[6]

角質層では、天然保湿因子であるアミノ酸、ピロリドンカルボン酸、乳酸(また尿素[5])が水分を蓄えており、角質細胞を覆う脂質(角質細胞間脂質)がそれらの流出・蒸発を抑えている[7]。ローションは角質層を通過しにくいが、角質層がない場合クリームよりローションの方が保湿効果がある[2]

つまり皮脂、天然保湿因子、角質細胞間脂質によって皮膚は水分を保持しており、その中で皮脂の役割は小さいという指摘もある[5]

は自然な保湿剤だが、アトピー性皮膚炎では汗のかきすぎも皮膚に良くないことがあり、特に乾燥肌では足湯によって発汗機能を回復し水分を保持できるような保湿剤が良い[8]

種類[編集]

  • エモリエントは、乳化(水分と油分を混ぜる)も起こし、生理機能に必要で、皮膚のバリア機能を高めたり乾燥の質感を改善したりする[4]。脂肪酸(ステアリン酸、リノール酸、オレイン酸、ラウリン酸)、脂肪アルコール、コレステロール、スクアレンなど[4]
パーム油ヤシ油(ココナッツ油)
  • ヒューメクタントは、天然保湿因子の代わりであり、保水し角質層に水分を保持するため、皮膚の弾性を高める[4]。尿素、乳酸、グリセリン、プロピレングリコール、ヒアルロン酸、アルファヒドロキシ酸 (AHA) 、ハチミツなどで、皮膚刺激を起こすこともあり[4]、例えば尿素10%までは保湿剤として、それ以上で角質融解作用(ピーリング作用)を示す[9]。この保水された水分は、次のオクルーシブで閉塞させる[4]
  • オクルーシブは、オイルとワックスであり、水分の蒸発を防ぐため、水分のある皮膚に効果的となる[4]。鉱油、石油原料、ワセリン、ミツロウ、シリコン、酸化亜鉛、レシチン[4]。皮膚に塗ると脂ぎった外観になり、アレルギー反応が起こることもある[4]

こうした成分を配合した保湿剤は多い[4]

  • 油成分入りの化粧水 - 多い水に油を乳化させている。
  • クリーム - 油・水は半々くらい[4]
  • 軟膏 - 油分が8割[4]
  • ジェル

植物油は人での研究は豊富ではないが、抗炎症成分が含まれ、水分を保持し閉塞機能があるため、伝統的に使用されてきており、オリーブ油、ヒマワリ油、グレープシードオイル、ヤシ油、ベニバナ種子油、アルガン油、大豆油、ピーナッツ油、ゴマ油、アボカド油、ルリジサ油、ホホバオイル、オートムギ油、ザクロ種子油、アーモンドオイル、ビターアプリコットオイル、ローズヒップオイル、ジャーマン・カモミール、シアバターといったものがある[10]。脂肪酸の含有成分が異なり、リノール酸は皮膚バリア機能を形成修復する[4]オレイン酸は皮膚バリア機能を破壊し、連続的に塗ることで炎症を誘発しうる[10]。従って、オリーブオイルはオレイン酸の比率が高く、皮膚バリア機能を悪化させる可能性がある[4]

口腔保湿剤[編集]

ジェル、リキッド、スプレーの順に維持力があり、粘度はジェルでやや大きい[11]

使用[編集]

手湿疹では保湿剤が有効である[12]

保湿剤の使用時期は、一般に水分を吸収している入浴直後の使用が良いとされるが、実際には1分後と1時間後とでは水分保持量は1時間の方が若干劣るが、有意な差ではない[2]。つまり、入浴以外の時間に内部から発散される水分を保持するほうが有用だと考えられる[2]

アトピー性皮膚炎では、1980年代にはアレルギー性だとされたが、とりわけ2006年に角質層タンパク質のフィラグリンの遺伝子変異によって皮膚バリア機能の異常であることが発見されてから、保湿剤の使用が強調されてきた[13]。治療ガイドラインでは、きっかけの回避に並んで基本的な事項として保湿剤の使用が推奨されており、中等症までのアトピーや接触性皮膚炎の治療薬として非ステロイド系バリア修復クリーム Atopiclair(MAS063DP) が承認されており、ヒアルロン酸、シアバター、グリチルレチン酸、ヨーロッパブドウ抽出物(ビタミンCやE)が配合されている[14]。保湿剤では、ラベンダー、ラウリル硫酸ナトリウム、セチルアルコールなど刺激物、落花生油、香料、パラベンなどアレルゲンに注意を払う必要がある[14]。水性クリームでは、皮膚の水分量を低下させ、ラウリル硫酸ナトリウムも含まれやすくアトピーの人には適していない[15]。この際、「無香料」「アレルゲンフリー」「テスト済み」といった表示は実際には必ずしもそうではなく、例えば北米174製品の12%だけがアレルゲンフリーであったり、感作の強い人では接触性皮膚炎を生じうる精油が入っている場合がある[15]コクランレビューは、病変やステロイド外用薬の使用量は減少させるが、いずれかの保湿剤が優越しているといった情報までは得られなかった[15]。バージンココナッツオイルやセラミド含有製品に人での良好な臨床試験結果がある[15]。アトピーの人々は、1日2-3回使用し、香りがなく、薬草も使用しておらず、白か透明のクリームが理想的だと考えている[15]

イギリスのガイドラインでは、非常に重度のアトピーでは水分が0の保湿剤が推奨される[4]。アトピー性皮膚炎では1日2回以上の保湿剤の使用が適切だと考えられる研究結果がある[16]。ステロイド外用薬と保湿剤とを塗る順序を逆にしても、あるいは混合して塗っても差はない[17]。アトピー性皮膚炎では症状が落ち着いていれば、ステロイドの使用は1日1回である[18]

脂漏性皮膚炎(皮膚常在菌のマラセチア菌による脂質への炎症)では、ワセリンを使用すると悪化する傾向がある[19]。皮膚常在菌がトリグリセリドと飽和脂肪酸を消費して不飽和脂肪酸のとりわけオレイン酸へと変化させており[20]、脂漏性皮膚炎の人ではオレイン酸に反応して症状を起こしている[20]

尋常性ざ瘡(ニキビ)の人に保湿剤が役に立つ理由は、過酸化ベンゾイル、アダパレンやイソトレチノインなどレチノイド医薬品や、サリチル酸は皮膚を乾燥させる傾向があるためであり、「オイルフリー」「ノンコメドジェニック」「毛穴につまらない」といった表示はニキビを起こしそうにないという商品の説明書きとなり、使用から4-8週間後にニキビが減る[21]。ジメチコンとグリセリンは「オイルフリー」などといった説明に対応する頻繁に併用されている成分で、面皰を起こさず低アレルギー性なのでニキビのある人に適しており、緑茶成分、抗炎症性の裏付けのある亜鉛を含んでいるものもある[22]

接触性皮膚炎では、保湿剤や特定の金属を避けるような特殊なクリームではなく、刺激物やアレルゲンなどきっかけの回避や手袋の使用や治療が優先されるが、保湿剤の使用はバリア機能を強くする[4]。接触性皮膚炎が湿疹性であれば炎症がおさまれば水分補給であり、水分のある肌に対して保湿剤やワセリンをよく使ったり、保湿のために自分にあったものを見つける:そのためにはグリセリン、ワセリン、油系のローションやクリームといったものがある[4]

歴史[編集]

古代エジプトのツタンカーメンの墓の玉座には、王妃がごま油を塗られている場面が描かれている[6]

1957年には、天然保湿因子 (NMF) の主成分がアミノ酸で、角質層の保湿に重要だと報告された[6]。1969年に皮脂の組成が解明された[6]

出典[編集]

  1. ^ a b c 化粧品用語解説 > 保湿とエモリエント”. 日本化粧品工業連合会. 2018年12月10日閲覧。
  2. ^ a b c d e 大谷道輝「外用剤の適正使用の問題点 保湿剤を中心として」『日本香粧品学会誌』第38巻第2号、2014年、 96-102頁、 doi:10.11469/koshohin.38.96NAID 130005089547
  3. ^ 酒井裕二、鈴木将史、小原康弘「高い保水効果と高い閉塞効果を同時に有するエマルションの開発について」『日本化粧品技術者会誌』第40巻第2号、2006年、 95-103頁、 doi:10.5107/sccj.40.95NAID 130004188914
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q Purnamawati S, Indrastuti N, Danarti R, Saefudin T (December 2017). “The Role of Moisturizers in Addressing Various Kinds of Dermatitis: A Review”. Clin Med Res (3-4): 75–87. doi:10.3121/cmr.2017.1363. PMC: 5849435. PMID 29229630. https://doi.org/10.3121/cmr.2017.1363. 
  5. ^ a b c 河野善行「保湿・肌荒れ防止用化粧品の有用性と製品開発」『日本化粧品技術者会誌』第36巻第4号、2002年、 253-261頁、 doi:10.5107/sccj.36.253NAID 130004188849
  6. ^ a b c d e f g 岡野由利「スキンケア化粧品のコンセプトの変化 角層を保湿することの重要性」『日本化粧品技術者会誌』第50巻第2号、2016年、 91-97頁、 doi:10.5107/sccj.50.91NAID 130005464692
  7. ^ a b c 岡本亨「高保湿スキンケア製剤の処方設計の考え方」『日本化粧品技術者会誌』第50巻第3号、2016年、 187-193頁、 doi:10.5107/sccj.50.187NAID 130005464866
  8. ^ Shiohara T, Mizukawa Y, Shimoda-Komatsu Y, Aoyama Y (October 2018). “Sweat is a most efficient natural moisturizer providing protective immunity at points of allergen entry”. Allergol Int (4): 442–447. doi:10.1016/j.alit.2018.07.010. PMID 30181012. https://doi.org/10.1016/j.alit.2018.07.010. 
  9. ^ Celleno L (November 2018). “Topical urea in skincare: A review”. Dermatol Ther (6): e12690. doi:10.1111/dth.12690. PMID 30378232. 
  10. ^ a b Lin TK, Zhong L, Santiago JL (December 2017). “Anti-Inflammatory and Skin Barrier Repair Effects of Topical Application of Some Plant Oils”. Int J Mol Sci (1). doi:10.3390/ijms19010070. PMC: 5796020. PMID 29280987. http://www.mdpi.com/1422-0067/19/1/70/htm. 
  11. ^ 山垣和子、北川昇、佐藤裕二、岡根百江、真下純一「口腔保湿剤の物性と義歯の維持力との関係」『老年歯科医学』第26巻第4号、2012年、 402-411頁、 doi:10.11259/jsg.26.402NAID 130004553373
  12. ^ 日本皮膚科学会、日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会「手湿疹診療ガイドライン」『日本皮膚科学会雑誌』第128巻第3号、2018年、 367-386頁、 doi:10.14924/dermatol.128.367NAID 130006516356
  13. ^ 海老原全「皮膚バリア機能からみたアトピー性皮膚炎の治療」『アレルギー』第63巻第6号、2014年、 758-763頁、 doi:10.15036/arerugi.63.758NAID 110009818440
  14. ^ a b Giam YC, Hebert AA, Dizon MV, et al. (April 2016). “A review on the role of moisturizers for atopic dermatitis”. Asia Pac Allergy (2): 120–8. doi:10.5415/apallergy.2016.6.2.120. PMC: 4850335. PMID 27141486. https://doi.org/10.5415/apallergy.2016.6.2.120. 
  15. ^ a b c d e Hon KL, Kung JSC, Ng WGG, Leung TF (2018). “Emollient treatment of atopic dermatitis: latest evidence and clinical considerations”. Drugs Context: 212530. doi:10.7573/dic.212530. PMC: 5908267. PMID 29692852. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/pmid/29692852/. 
  16. ^ 海老島優子、末廣豊、岡藤郁夫ほか「アトピー性皮膚炎に効果的なスキンケアは? 入浴, 体の洗い方、石けんの使用、保湿剤について考える」『日本小児アレルギー学会誌』第30巻第1号、2016年、 75-83頁、 doi:10.3388/jspaci.30.75NAID 130005152170
  17. ^ 大谷道輝、松元美香、野澤茜 ほか「ステロイド軟膏と保湿剤の併用による塗布順序が及ぼす局所および全身性副作用への影響」『日本皮膚科学会雑誌』第123巻第14号、2013年、 3117-3122頁、 doi:10.14924/dermatol.123.3117NAID 130004702056
  18. ^ 公益社団法人日本皮膚科学会、一般社団法人日本アレルギー学会「アトピー性皮膚炎診療ガイドライン2018」『日本皮膚科学会雑誌』第128巻第12号、2018年、 2458頁、 doi:10.14924/dermatol.128.2431NAID 130007520766
  19. ^ Seborrheic Dermatitis: Tips for Managing”. American Academy of Dermatology. 2018年12月10日閲覧。
  20. ^ a b Dawson TL (December 2007). “Malassezia globosa and restricta: breakthrough understanding of the etiology and treatment of dandruff and seborrheic dermatitis through whole-genome analysis”. J. Investig. Dermatol. Symp. Proc. (2): 15–9. doi:10.1038/sj.jidsymp.5650049. PMID 18004291. https://doi.org/10.1038/sj.jidsymp.5650049. 
  21. ^ Moisturizer: Why you may need it if you have acne”. American Academy of Dermatology. 2018年12月20日閲覧。
  22. ^ Chularojanamontri L, Tuchinda P, Kulthanan K, Pongparit K (May 2014). “Moisturizers for Acne: What are their Constituents?”. J Clin Aesthet Dermatol (5): 36–44. PMC: 4025519. PMID 24847408. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4025519/. 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]