手湿疹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

手湿疹(てしっしん)とは、主に水仕事に従事する思春期以降の女性の手に湿疹ができる皮膚疾患。主婦湿疹(しゅふしっしん)と同義である。また、医学用語では進行性指掌角皮症(しんこうせいししょうかくひしょう)とも言われる。

原因[編集]

主に水仕事により手の皮膚の表面の脂質が減少しバリアー機能が低下することにより、洗剤等の接触性皮膚炎(かぶれ)を誘発して湿疹を生じるのが主な原因。

症状[編集]

  • 手指を中心に発赤糜爛浸潤が出現。痒みを伴うことが多い。ひどくなると亀裂が生じ痛むことがある。冬季に悪化しやすい。
  • 指間糜爛症(皮膚カンジダ症の一つ)を合併していることがあるため、注意が必要である。

治療[編集]

皮膚の油を補うため、保湿剤を使用する。炎症が強い場合はステロイド軟膏も併用する。
加味逍遥散で炎症を抑えつつ四物湯で血虚を治すという漢方も奏功することがある。

生活上の注意点[編集]

  • 洗剤は強い刺激のあるものをできるだけ避けるようにする。
  • 水仕事の時間を短縮できる工夫をする
  • 洗いすぎに気をつける。
  • 水に濡れたらすぐ拭き取り、保湿剤を外用することを心がける。

関連項目[編集]