貨幣状湿疹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

貨幣状湿疹(かへいじょうしっしん、: Nummular dermatitis, Discoid dermatitis)は、形状によって分類された湿疹の一つである。

症状[編集]

その形状が貨幣状・円形・類円形の形をとる湿疹である。典型的には、紅色の丘疹からはじまりそれが拡大してできる。単発がほとんどである。高齢者の乾皮症皮脂欠乏性湿疹アトピー性皮膚炎に併発しやすい。掻痒は非常に強い場合がある。

鑑別診断[編集]

タムシ・Bowen病との鑑別が必要なことがあり、必要に応じてKOH検査(皮膚真菌検査)・皮膚生検が行われる。

治療[編集]

外用剤としてステロイドが使われる。その他、痒みが強い場合は抗アレルギー薬の内服を行う。

関連項目[編集]