白癬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

白癬(はくせん)とは、皮膚糸状菌によって生じる皮膚感染症の一つである。原因菌は主にトリコフィトン属英語版(白癬菌属)に属するいわゆる白癬菌と呼ばれる一群の真菌によって生じる。

菌の種類[編集]

Trichophyton rubrumTrichophyton mentagrophytesTrichophyton tonsuransMicrosporum canisMicrosporum gypseumTrichophyton verrucosumなどがある。

  • Trichophyton rubrumTrichophyton mentagrophytes が、一般的な白癬菌感染症の原因菌である。
  • Trichophyton tonsurans トリコフィトン・トンズランスは、10代の柔道レスリング選手を中心に流行している原因菌である。試合や練習で皮膚が接触することにより感染が広まっている。
  • Microsporum canisは、に寄生しているため、小児・猫飼育者による感染報告が多い。
  • Microsporum gypseumは、土壌に寄生しているため、土いじりを好む小児に感染しやすい。
  • Trichophyton verrucosumは、に寄生しているため、酪農業を営む人に感染しやすい。

病型[編集]

腕に生じたタムシ。Trichophyton mentagrophytesの感染で生じた。
体部白癬(たむし)
被髪頭部・手・足・股以外に生じる白癬菌感染症。Trichophyton rubrumが最も原因菌として多い。次にTrichophyton mentagrophytesが多い。
股部白癬(いんきん)
股に生じる白癬菌感染症。Trichophyton rubrumが最も原因菌として多い。次にTrichophyton mentagrophytesが多い。頑固な白癬菌という意味で「頑癬」とも呼ばれる。
足白癬(水虫)
水虫は、皮膚の表面にある真菌のグループである皮膚糸状菌によって引き起こされる。兆候には、激しいかゆみが含まれます。特につま先の間の皮膚のひび割れ、水疱、または剥離領域; 足の裏の赤みとスケーリング。皮膚糸状菌は、プール、シャワー、人々が素足で歩くロッカールームなどの暖かく湿った環境で繁殖する。汗をかいた靴下や靴の暖かく湿った環境は、皮膚糸状菌の成長を促す[1]
足底・足の指の間に生じる白癬菌感染症。Trichophyton rubrumが最も原因菌として多い。次にTrichophyton mentagrophytesが多い。Trichophyton rubrumの場合は、角化型の白癬で痒みが少なく、高齢者に多い特徴がある。一方、Trichophyton mentagrophytesの場合は、小水疱を主とする病変で小水疱型白癬とも呼ばれる。この場合、痒みが強く比較的若年者に多いという違いがある。また水疱型白癬とよく似た症状で痒みの伴わない掌蹠膿疱症がある、こちらは無菌性で白癬とは関係がない。 水虫を防ぐには、足を清潔で乾いた状態に保つことが最善の方法である。また、次のことを行う[1]
  • 毎日足をよく洗い、お風呂やシャワーの後は清潔な靴下を履くこと。
  • 入浴、シャワー、または水泳をした後は、時間をかけて足を完全に乾かすこと(各つま先、特につま先の間のスペースを含む)。
  • 公共プールの周りやジムのロッカールームやシャワーでは、ビーチサンダルやサンダルを履くこと。
  • 汗を吸収する吸湿発散性のある靴下を着用すること。
  • 同じ靴を2日続けて履かないこと。
爪白癬(爪水虫)
手の爪・足の爪を侵す白癬菌感染症。一般的に「爪水虫」と呼ばれる。ほとんどがTrichophyton rubrumが原因であり、Trichophyton mentagrophytesによるものは少ない。
頭部白癬(しらくも)・ケルズス禿瘡
頭部に生じる白癬菌感染症。毛嚢を破壊し難治性の脱毛症を生じるものはケルズス禿瘡と呼ばれる。Microsporum canisTrichophyton verrucosumが原因の比率が高いため、猫飼育者・酪農家は注意が必要。そのほか、Trichophyton rubrumTrichophyton mentagrophytesTrichophyton tonsuransがある。

検査[編集]

病院にて、皮膚の表面をこすり、落屑を顕微鏡で見る皮膚真菌検査で確定診断する。実際は、落屑を苛性カリ溶液を加えて皮膚を溶かし、溶けずに残る白癬菌を確認する。

治療[編集]

まず、市販の抗真菌軟膏、クリーム、または粉末(クロトリマゾール(ロトリミンAF、ミセレックス、ジェネリック)、テルビナフィン(ラミシルAT、シルカ)、ミコナゾール(ロトリミンAFスプレー、ミカチンなど)を試すこと。感染が改善するまでに数週間かかることがあり、再発が一般的である。数週間経っても症状が改善しない場合は、抗真菌薬を処方すること[1]

治療には、白癬菌を殺菌する抗真菌薬を使用する。抗真菌薬の外用剤は薬局のほか、ドラッグストアでも販売されている[2] 。爪白癬や広範囲の真菌感染症の場合は内服薬となり、医師による診断と処方箋が必要となる。

記事がある病型については、詳細は各記事を参照のこと。

ハチミツ[編集]

蜂蜜には殺菌作用がある。頭部白癬や癜風の紅斑、落屑、痒みの症状に対し28日間使われた、蜂蜜(アカシア)およびプロポリス抽出物でそれぞれ、ミコナゾール(抗真菌薬)と同等の効果であったというランダム化比較試験がある[3]。偽薬は、ワセリンであり症状に対する変化は最も少なかった[3]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c Solan, Matthew (2021年12月1日). “Skin in the game: Two common skin problems and solutions for men” (英語). Harvard Health. 2021年12月1日閲覧。
  2. ^ 華陀雪華晶|イスクラ産業
  3. ^ a b Ngatu, Nlandu Roger; Saruta, Takao; Hirota, Ryoji; Eitoku, Masamitsu; Muzembo, Basilua Andre; Matsui, Tomomi; Nangana, Luzitu Severin; Mbenza, Muaka Anselme et al. (2011). “Antifungal efficacy of Brazilian green propolis extracts and honey on Tinea capitis and Tinea versicolor”. European Journal of Integrative Medicine 3 (4): e281–e287. doi:10.1016/j.eujim.2011.10.001. 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]