ケルズス禿瘡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ケルズス禿瘡(ケルズスとくそう、Celsus)は、頭部に発疹と脱毛を伴う皮膚真菌症の一つ。

原因[編集]

原因は白癬菌という水虫と同じ原因の真菌によって生じる。人獣共通感染症である。人では乳幼児に多い。

症状[編集]

紅斑、毛包一致性に丘疹膿疱が頭部に出現する。腫脹、軽度の波動、膿汁の排泄、圧痛を伴うこともある。髪の毛は容易に抜け瘢痕性脱毛を残すことがある。

関連[編集]