皮膚糸状菌症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

皮膚糸状菌症(ひふしじょうきんしょう、: dermatophytosis)とは子嚢菌門皮膚糸状菌群の感染を原因とする感染症。皮膚糸状菌は表皮の角質層、被毛、爪鉤において増殖する。人獣共通感染症の一つ。皮膚真菌症に含まれる。

皮膚糸状菌の種類[編集]

Microsporum属(小胞子菌属)、Trichophyton属(白癬菌属)、Epidermophyton属(表皮菌属)が知られている。一例としてT. verrucosmウシヒトに感染する。

疾患の種類[編集]

検査[編集]

治療[編集]

治療には抗真菌剤を用いるが、若干、疾患によって使用の仕方が異なるので注意が必要である。

参考文献[編集]

  • 『獣医内科学(小動物編)』 日本獣医内科学アカデミー編、文永堂出版、2005年ISBN 4830032006
  • 『明解獣医学辞典』 獣医学大辞典編集委員会編集、チクサン出版、1991年ISBN 4885006104

外部リンク[編集]