ヘアカラートリートメント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ヘアカラートリートメントは、「カラートリートメント」とも言われますが、どちらも同じ意味で、主に髪の表面部分に色をつける染毛料です。「トリートメント」なので、シャンプーで洗髪後の髪にダメージ補修をするだけではなく、髪に色をつけることができます。また、ヘアカラートリートメントの別の使い方としては、シャンプー前の乾いた状態の髪で染料を髪に塗り、染め置き時間をしばらく置いてから、シャンプーをするという方法もあります。後者の使い方のほうが髪に色が入りやすいとよく紹介されています。[1][1]

ジアミン系の染料が入っていないのでノンジアミンの白髪染めとして使え、髪の内部まで染める永久染毛剤ではないため、刺激臭もなく手軽に染められるので使う人が増えています。髪になじむと色持ちがよくなるようですが、だいたいは1週間から2週間程度で色落ちがしてしまいます。刺激の強い薬剤が使われていないので、生え際や根元の髪にもセルフで利用しやすく美容院のカラーリングと併用される人もいます。ただし、美容院のカラーリングと併用する場合には注意点があるので、よく行く美容院に相談が必要です。また、ジアミンフリーといってもまれに肌に合わない人もいるので、使用前はパッチテストを行うことを推奨されています。[2]

ヘアカラートリートメントとは、使用していくうちに色素が髪の表層部に徐々に浸透・蓄積し、髪を染めていくヘアカラーリング剤薬機法上は染毛料として化粧品に区分され、ヘアマニキュアなどと並び、半永久染毛料とされる。使い方や染まり方の特徴が製品によって異なり、黒色の髪を明るくすることはできない[3]

脚注[編集]

  1. ^ プロが教えるマル秘染め方テクニック|ヘアケア専門店レフィーネ”. www.8341.jp. 2019年7月12日閲覧。
  2. ^ ヘアカラーよくあるご質問 利尻ヘアカラー・無添加化粧品 自然派clubサスティ”. www.sastty.com. 2019年7月12日閲覧。
  3. ^ 髪の毛を染めるしくみ”. 化粧品技術資料. 日本化粧品工業連合会 (2012年10月15日). 2013年11月25日閲覧。