割れしのぶ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
割れしのぶ

割れしのぶ(われしのぶ)とは、京都で現在も活躍する女性芸能者の舞妓が結う髪型[1]京都の嶋原太夫の髷にも、全く同じものがある[要出典]

店出しから1~2年の年少の舞妓が結う髷で、「ありまち鹿の子」と呼ばれる手絡や「鹿の子留め」や「花簪」と呼ばれるなど特殊な髪飾りが多用される[2]華やかで愛らしい髪型。

前髪を高く結い上げて布紐で結わえ、ふっくらと自然に鬢を張り出してつとは出さず襟足を美しく見せる。「ありまち鹿の子」を丸く芯にして左右対称に髪を巻きつけて納め、髷を作る。(この髷の上下が開いて鹿の子が見えることから「割れしのぶ」と呼ばれる。)「鹿の子留め」をさして手絡を止め、簪を飾って完成[要出典]

季節の花をかたどった大きな花簪が特徴的でそのほか「びら簪(びら止めも)」「玉簪」「根挿し」などが飾られる[3]

出典・脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 京都美容文化クラブ『日本の髪型(光村推古書院、平成12年)』pp.219-220、南ちゑ『日本の髪型(紫紅社、昭和56年)』p.106、等々参照。
  2. ^ 京都美容文化クラブ『日本の髪型(光村推古書院、平成12年)』p.22。
  3. ^ 南ちゑ『日本の髪型(紫紅社、昭和56年)』p.106、京都美容文化クラブ『日本の髪型(光村推古書院、平成12年)』p.220。

外部リンク[編集]