寝巻

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
寝間着から転送)
移動先: 案内検索

寝巻(ねまき、寝巻き)とは、就寝時に身にまとう衣服を意味する、古来日本の語現代では当て字寝間着とも記すが、こちらは「寝間(すなわち、寝室)で身に着ける衣服」という意味合いが強く、旧来の和装を指すイメージが強い「寝巻」に対して、洋装にも当てやすい字として用いられることが多い。新聞は「寝間着」を統一表記としているが、文部省(現在は文部科学省)は『公用文の書き表し方の基準 資料集』で「寝巻き」としている。なお、「寝巻」は旧来の表記である。

狭義では欧米の寝間着であるナイトウェア英語版と類義、広義では同義である。 また、寝衣(しんい)と同義ともされる[1]が、「寝衣」を狭義の寝巻や狭義のナイトウェアの包括語と捉える場合は、寝巻は寝衣の一種である。

概要[編集]

日本人は、有史以前から近世まではもっぱら和服を着用しており、それらの時代のうちのほとんどで下着に当たるものを寝巻としてきた。襦袢が登場してからはこれを寝巻とすることが多かった。また、浴衣の用途が拡大するとこれを寝巻として利用することも多くなった。しかし、明治維新を機に西洋化が推し進められる時代(近代)が到来すると、和服だけが日本人の衣服という時代は終焉を迎える。そう容易く定着したわけではないが、それ以降数十年を掛けて、パジャマや女性用のネグリジェなどといった欧米スタイルの就寝時専用の寝間着(寝巻)、すなわち狭義の「ナイトウェア」が徐々に定着していった。和装の寝巻から洋装の寝間着への移り変わりは、日本社会における主たる衣服が和服から洋服へと変遷する経緯に副いながらそれよりはかなり遅れて進捗し、──つまり、普段着にはもっぱら洋服のみを着用する人が増えてもなお就寝時には和装の寝巻が選ばれるという時代(おおよそ昭和時代まで)を過渡期として──和服を普段着とする人が珍しくなった平成時代ともなると、主に欧米風のものが寝巻(寝間着)の代表的イメージとなった。加えて、昭和時代かあるいはそれ以前から始まっていたことではあるが、ステテコであれ、ジャージースウェットTシャツなど、何であっても、就寝時にそれを着用するのであればこれをも寝間着(寝巻)と称することが多くなっており、この意味では、「寝巻(寝間着)」とは「専用かあるいは結果的なものとして就寝時に身に着ける(身に着けている)衣服」のことである。

また、言葉として、日本のそれのみを指すものではなく、他文化圏のそれ、すなわち広義の「ナイトウェア」、あるいは「寝衣」を意味する。

脚注[編集]

  1. ^ 多くの辞書で同義語と解説されるが、「寝衣」には「寝巻」のような和装に縛られるイメージは無い[要出典]

関連項目[編集]