女性神職装束

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

女性神職装束(じょせいしんしょくしょうぞく)は、戦後登場した女性神職のための装束である。神職ではない巫女・舞女の装束は含まれない。

本項では、昭和62年(1987年)に神社本庁によって制定された女子神職の服制に基づく衣装を紹介する。旧規定の装束については簡単に説明するにとどめる。

女子神職装束の推移[編集]

昭和21年(1946年)に制定された旧規定では、正装に(けいこ/足の甲までの長さの切袴と言う袴とのセット)、礼装に白い袿袴か水干、常装に水干が定められていたが、袿袴姿は豪華だが非常に動きにくかったため、昭和62年に新しい規定が発表され現在に至る。

現行の衣装は、宮中の下級女官の衣装である采女装束と袿袴を折衷にしたもので活動的である。(下の項で説明) ただし、旧規定の水干は現在でも使われており、男性の狩衣のように裾を外に出して着付ける。紐を結んで襟をとめるため、狩衣の首にリボンをつけたように見える。

他に最近は、狩衣の襟を着物の打ち合わせ風に仕立てた「女狩衣」も普及している。

昭和62年の規定[編集]

正装(これを純白でそろえると礼装になる)

  • 髪上具:釵子(雛人形の髪飾りと同様の物)と心葉(正装のみ)、日陰の糸
  • 唐衣:色に規定は無いが、二級以上は二重織物(夏はは縫取織りで表す。三・四級は有紋の固地綾(夏は文紗)。大きな式典には小忌衣をこの上に重ねることもある。
  • 表衣:色に規定は無い。特級・一級は綾地に縫取(夏は練薄・縫取・顕文紗)二級上・二級は有文綾(夏は練薄・顕文紗)三・四級は有文綾(夏は顕文紗)
  • :萌黄色の裏地をつけた紅の綾。模様は幸菱
  • 切袴:短めの袴で特級は白い固織物に藤丸文様。一級は紫の固織物に藤丸文様。二級上は紫の固織物に藤丸文様共緯。二級は無地で紫の平絹。三・四級は同じく無地の浅葱色の平絹
  • :曲尺八寸五分の十六橋の檜扇に、胡粉など、絵具で色絵を描いたもの。六色(白色)の飾り紐。
  • 帖紙:紅色の鳥の子紙
  • :浅沓。一級以上は沓敷きに模様を織り出した白い綾。二級上以下は白い平絹。

常装

  • 額当(ぬかあて):黒い紗でできた額当て。
  • 表衣:唐衣は省略する。一級以上は綾・薄い練絹・縫取織・顕文の紗・平絹。二級上と二級は縫取織を除く。三・四級はさらに薄い練絹も除く
  • :正装と同じだが省略することも。
  • 切袴:正装に準じる。
  • :十五橋のぼんぼり扇
  • :正装に準じる。

巫女の装束[編集]

巫女は正式な神職ではなく資格も必要ないため、女子神職のように服制は定められていない。

装束に関しては巫女装束を参照。