真田紐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
麦稈製真田紐と製品

真田紐(さなだひも)は、縦糸と横糸を使い機(はた)で織った平たく狭い織物の紐。漢語では「絛紐」(さなだひも)と書くこともある(wikt:絛)。

一重織り・袋織りがあり、材質は木綿正絹を使う。

主に茶道具桐箱の紐・の下げ緒・着用時の紐・帯締め帯留用の紐・荷物紐等に使用する。

特徴は伸びにくく丈夫なので重いものを吊ったり、しっかりと物を縛る事に使う。 数多くの柄があり、一部は家紋の様に家・個人の決められた柄があり個人・集団の認証・作品の真贋鑑定に使われている。

歴史・名前の由来[編集]

起原は定かではないが、チベットの山岳民族が家畜の獣毛を染め腰機を用い織った細幅織物が南乗仏教伝来とともに海路日本に入ってきたものが、停泊地の沖縄地方ではミンサー織りになり、八重山諸島では八重山織になり、本州では綿を草木で染め織った細幅織物となり後の真田紐になったと言われている。

関ヶ原の戦い後に九度山蟄居していた真田昌幸信繁父子が真田紐を作製し、生計を立てていたという俗説がある。真田紐は真田打ともいい、ひらたく組み、または織った木綿の紐のことである。『安齋随筆』によると、真田紐の組み方は、九度山に蟄居中、正宗、貞宗の脇差の柄を巻くのに作ったのが始まりで、そこから真田父子の発明という真偽不明の逸話が生み出された。真田氏の発祥地、長野県上田市付近も上田縞などで知られる織物の産地であり、九度山も織物の産地であることからこのような逸話が誕生したと考えられる[1]

戦国時代に全国各地の武将が軍需物資として製作・使用していた。当時、徳川天下統一に伴い、特に大阪を中心とした地方の庶民には親豊臣・反徳川的風潮が根強く、最後まで徳川に苦汁をなめさせた真田信繁を支持・美化する動きがあり、真田紐を一つの象徴とするようになったと言われている。

他には、チベット周辺の言語で「紐」を意味する「サナール」が転じたとする説や、平安時代に日本に入ってきたとされる中国南部産の真田紐によく似た織紐が、当時は「さのはた(狭織)」と呼ばれていたため、「さのはた」が「さなだ」に転化したという説もある。

中国から日本の宮中に伝わったと言われる組紐に対し、庶民・武士が常用したのが真田紐である。経糸のみで「組む」組紐は構造的に伸びやすく、装飾的に使われる組紐に対し縦糸と横糸を機で「織る」真田紐は非常に実用的だったことが窺える。

平安鎌倉時代の武将は宮廷色の強い、飾りの多い甲冑を身に着けていたが、庶民や地方豪族から出て来た武将が登場した戦国時代には、真田紐など一般庶民が使って来た道具を甲冑に使用することにより、より動きやすく実戦的な甲冑となり、これが結果的に戦国時代における勝敗を左右し、ひいては時代の変わり目の一因となった。

戦国時代中期、千利休の発案で当時武将が使っていたの下げ緒が非常に伸びにくく丈夫であることから、それまで鹿の紐などを使っていた桐箱に使用するようになった。

元来刀の下げ緒等に使われていた時に各家の好みの柄が出来、これを遺品回収の折の目印にしたことがのちに茶道具では約束紐と呼ばれる各流儀・各作家・各機関でのみ使うことが出来る独特の柄を制定する文化の基となった。また、桐箱の結びは、武将同士の通信に使われた箱に結ばれていた封印結びが基と言われている。

脚注[編集]

  1. ^ 小林計一郎「日本一の兵 真田幸村」、小林計一郎編『決定版 真田幸村と真田一族のすべて』KADOKAWA、2015年、87頁

外部リンク[編集]