天下統一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

天下統一(てんかとういつ / てんがとういつ)は、統治すべき地域を一人の権力者の下で支配すること。

概要[編集]

古代中国の概念から来ており、天子が統治すべき地域を天下と呼んだ[要出典]。中国において過去に天下統一した王朝は前漢後漢西晋がある。

日本の歴史においては、主に戦国時代から江戸時代初期にかけて、日本全土(琉球蝦夷地の大半を除く)を一人の権力者の支配下に置き、統一することを指す。日本でも古代から用いられた。中世以降には神国観が広まり、武家政権を正当化する論理となり、最高権力者は「天下人」と呼ばれた。

室町・戦国時代に「天下」は天皇王権を擁する室町幕府将軍が管轄した京都とその周辺地域を意味し、天下人たる室町将軍は地方大名を従属・統制下に置いて紛争などを調停する役割を担っていた。尾張国織田信長は将軍足利義昭を擁し、間接的に天下人としての役割を担って統一事業を推進し(天下布武)、元亀4年(1573年)には将軍義昭を京都から追放し、天下人の地位を自身が継承することで統一政策を進めた。

信長が本能寺の変で自害すると、その家臣であった豊臣秀吉がその継承者として天下人の地位に至り、天正18年(1590年)に日本統一政策を成し遂げた。「天下」の本来の意味には、支配地域の境界はなく、秀吉は日本統一後にの征服を中核とした東アジアの統一を企画し、文禄元年(1592年)から朝鮮に出兵するが(文禄・慶長の役)、慶長3年(1598年)に死去したことで途中終了した。

その後、関ヶ原の戦いを経て「天下」主催者の地位が征夷大将軍職を世襲した徳川将軍家に継承されると、「天下」は日本列島に限る意味で用いられた。

関連項目[編集]