角帯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
角帯

角帯(かくおび)は男の一種。幅約10センチメートル前後、長さは約4メートルほどの物で袋帯、単帯、帯芯を入れて仕立た物がある。

男性和装においてもっとも用いられる帯である。

兵児帯よりも格式があり、一般的な博多織の他、緞子、夏用のなどもある。

最も格が高いのは伝統的な技法で織る爪掻本綴織綴織とされ、生産数が少なく流通量も少ないため希少価値の高い帯である。