浄衣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
神主(右側)の浄衣

浄衣(じょうえ)は、日本における衣装の一つ。

神事祭祀法会など宗教的な儀式の際に着用されるものだが、仏教僧侶の僧衣)や神道神職の神事服)のみに限定されない場合もある[1]

「清浄な衣服」という広い意味で、例えば、四国八十八箇所巡礼の参加者の正装である白衣(はくえ)・笈摺(おいずる)なども含めて言うこともある[2]

神職の浄衣[編集]

神道における神職(神主など)の浄衣の素材は、主に白布や生絹で[3]、以下のように構成されている。頭に立烏帽子をかぶる。上半身は狩衣形で、袖には「袖括り」と呼ばれる紐が通してある。下着には単衣を着用。下半身は括り緒の袴(指貫袴)というバルーン型のものを着用[4]。そして、 大麻を持って儀式に臨む。

僧侶の浄衣[編集]

仏教僧侶においては、袈裟(法衣)が、浄衣にあたる。

「施された衣服」という定義もあるという(自ら耕作して衣料製作したりすることはによって禁止されており、そのような罪にあたらず浄いという意味で)[5]

脚注[編集]

  1. ^ “Jo-e (浄衣)”. Yahoo! Encyclopedia (Shogakukan 日本大百科全書). Shogakukan. http://100.yahoo.co.jp/detail/%E6%B5%84%E8%A1%A3/ 2012年2月23日閲覧。. 
  2. ^ 巡礼の衣装と道具 | 四国おへんろ.net
  3. ^ じょうえ【浄衣】の意味 - 国語辞書 - goo辞書
  4. ^ 神社では、奴袴(ぬばかま)と呼ぶことが多い
  5. ^ 『総合仏教大辞典』 法蔵館、p.692 浄衣

外部リンク[編集]