烏帽子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
烏帽子

烏帽子(えぼし)とは平安時代から近代にかけて和装での礼服着装の際に成人男性が被った帽子のこと。

概要[編集]

烏帽子形(えぼしなり)の

初期は薄いで仕立てたものだったが、のちに黒漆を塗った紙製に変わる。庶民のものは糸を織ったものである。衣装の格式や着装者の身分によっていくつかの種類があり、厳格に使い分けた。正装の際にかぶるより格式が落ち、平安から室町にかけては普段着に合わせて着装した。

本来男性用であるが白拍子など女性が被る場合もある。

平安以降、次第に庶民にも普及し、鎌倉から室町前半にかけては被り物がないのを恥とする習慣が生まれた。例えば「東北院職人歌合絵巻」(東京国立博物館蔵、重要文化財)には、身ぐるみ失った博徒がまだ烏帽子を着けている様が描かれている(画像)。つまり、烏帽子は当時の男性の象徴であり、これを取られる(または脱がされる)ことは屈辱的、恥辱的行為であり、紛争の発端になりやすい。しかし戦国時代以降、逆に日常はを露出し被り物を着けないのが普通となった。

近代になると月代を剃る習慣が生まれ烏帽子を固定する髷がなくなったため、頭にすっぽりとかぶり掛緒を顎にかけて固定するタイプのものが用いられることが多い。大相撲の行司が着用しているのを見ることができる。これに反して、明治初期の公家は大きい烏帽子を多用していた。

の中には、烏帽子形(えぼしなり)の兜が存在する。

作り方[編集]

材料は和紙、特に明治以前の物の質が良い。洋紙を使ったものもあるが和紙は軽くて繊維も長い事から丈夫に加工できる。和紙に糊を塗り3枚重ね、くしゃくしゃに丸めて糊を馴染ませていく。「しぼ」(烏帽子の凹凸)が象られた銅板に載せ、ささら(刷毛状の道具)で「しぼ」を浮き立たせる。乾燥させた後、柿渋を塗り2枚を繋ぎ縁を付け、立体にするため金属の型に巻き付け糊と小手で接着し温める。烏帽子正面の「顔」を整えて中心と縁に縁取りを巻き、を塗って仕上げる[1]

烏帽子職人の数は少なくなっている。

烏帽子親・烏帽子子[編集]

武家元服の儀式で新成人(烏帽子子)の後見人を勤める者を「烏帽子親」と呼ぶ。平安時代の初冠の儀に由来するもので、宮中の位階を持つ貴族が冠を着用するのに対して烏帽子を持ち出したのが由来。どちらにしてもこの日を境に男性は頭に冠や烏帽子をかぶり大人社会に迎えられる。

ちなみに平安時代の子供が遊びの中で大人を真似て烏帽子の代わりに額に結わえつけた三角の布が、後に死者の威儀を正すために死装束に加えられた。ただし、色のみ黒ではなく死装束の色である白に変わっている。

烏帽子の種類[編集]

立烏帽子(中央女性の被りもの)と張烏帽子(周囲に従う男性の被りもの)
立烏帽子
烏帽子の中では最も格式が高い。狩衣(まれに直衣にも)に合わせ、左右から押しつぶした円筒形。現在も神官などが着用する。金色のものは祭りに参加する稚児の衣装として現在も見ることができる。艶消しのものは葬祭用とされる。
折烏帽子
広義には立烏帽子を折ったものの総称。:狭義には中世において髻巾子形の部のみを残して他をすべて折り平めて、動作に便宜なようにした烏帽子で、武士や庶民が使用した。室町時代末に形式化して、江戸時代には素襖着用の際の被り物になり、侍烏帽子とも呼ばれた。
揉烏帽子
薄布を用い、五倍子で染めたり軽くをかけて揉んだりして柔らかくした烏帽子。
鉄烏帽子
文字通り、鉄製の烏帽子。闘鶏神社湛増が用いたとされる鉄烏帽子が伝えられている。
風折烏帽子
鵜匠が被る烏帽子。1枚の麻布を頭に巻いて、頭髪をかがり火の火の粉から守る。
神道烏帽子
神社で神職が使用する烏帽子は通常、立烏帽子である。また、舟型侍烏帽子、御三年侍烏帽子、行司烏帽子、白張烏帽子、平礼烏帽子、引立烏帽子、平安朝式高烏帽子、風折烏帽子、福娘金烏帽子などを使用する神社もある。なお、立烏帽子には懐中用、懐中用張貫、柳絞ふくらなどのタイプがある。風折烏帽子にも懐中用がある。また烏帽子を収納する錦製の「烏帽子入」というものもある。一方、烏帽子をかぶった時の額の汗を取るための汗取シートやパッド類も販売されている[2]。なお、神社本庁の「常装」は「立烏帽子・掛緒紙練」であるが、出雲大社は「烏帽子・紫打紐(三級以下紙捻)」を用いる。また、神社本庁女子神職は「黒紗額当」を用いるが、出雲大社では女子も「烏帽子」を使用するが、その場合、狩衣と袴と笏と沓を用いることになっている[3]



脚注[編集]

  1. ^ #041 烏帽子職人 四日市 健
  2. ^ 『神祭具便覧40巻』民俗工芸平成28年9月発行全438頁
  3. ^ 『出雲大社教布教師養成講習会』発行出雲大社教教務本庁平成元年9月全427頁中96頁

外部リンク[編集]