雪駄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
雪駄(軽装履)
雪駄の裏 踵部分に後金が付いている

雪駄雪踏(せった)は、竹皮草履の裏面に皮を貼って防水機能を与え、皮底の踵部分に尻鉄がついた日本の伝統的な履物草履)の一種で、傷みにくく丈夫である。また、湿気を通しにくい。

歴史[編集]

諸説あるが、千利休が水を打った露地で履くためや、下駄では積雪時に歯の間に雪が詰まるため考案したとも、利休と交流のあった茶人丿貫の意匠によるものともいわれている。主に茶人風流人が用いるものとされた。現代においては、男性が着物を着る場合はほぼ雪駄が用いられる。

江戸時代には江戸町奉行所同心が必ずばら緒の雪駄を履いており、「雪駄ちゃらちゃら」(後金の鳴る音)は彼らのトレードマークだった。

現在の雪駄の踵に用いられている形状は主に馬蹄型とテクタ型が殆んどであるが、江戸時代の雪駄はベタガネ型(またはチャラガネ型)という金属製の尻鉄が打ち込まれている物が一般的であり、これをチャラチャラと鳴らしながら履くのが粋とされた。ところが、このベタガネは非常に音が響きやすい材質であり、金属製なこともあって「音が煩い」「滑りやすい」「傷がつきやすい」などの問題点も同時に指摘されていた。そのような理由により、長い年月を経て改良がなされて現在のような馬蹄型とテクタ型に進化していったという経緯がある。現在、ベタガネ型雪駄を購入するのは難しい。[1]

最近[いつ?]までは、愛知県津島市が全国の雪駄生産の半分強を占めていたが、2010年の第一人者的職人の死去に伴って製作所が閉鎖されたため、今後はシェアの変動も考えられる。

80年代の、特にサーファーはビーチサンダルのことを「セッタ」と呼ぶこともある[要出典]。また煙草の銘柄の「セブンスター」を短縮して「セッタ」とも呼んだ。

近年では、雪駄表を模した型押しビニール表に鼻緒を固定し、革や合成底を接着した、軽装草履や軽装履と呼ばれる履物(右画像の物など)が出回っているが、これらの造りは雪駄よりもヘップサンダルに近く、主にカジュアルな洋装にあわせる履物として普及している。

脚注[編集]