長着

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:長着の画像提供をお願いします。2012年1月

長着(ながぎ)とは、羽織コートに対して、裾まである和服を指す。着物という語は和服全般を指すことが多いが、羽織などと区別して長着を着物と呼ぶことがある。[1]

概要[編集]

長着は、江戸時代に普及した小袖に由来する。[2]女性用長着 (または女装) の場合、着丈の長いものをおはしょりをして着用するが、体格に見あった対丈のものや、おはしょりをせず裾引きでの着用も行われた。裾引きは上流階級、遊里花柳界、富裕層においてみられたが、現代では婚礼衣装と花柳界に残るのみである。対丈のものは旅館の寝間着等を除いてほぼ消滅している。男性、男装の場合は対丈である。

洋服が普及する以前は農漁村の庶民の間では、作業服としては二部式のもの(上に着る半身の着物と腰巻・前掛あるいは細い袴)が一般的であり長着は家で過ごす時の衣服であった。また、それ以外の人々においてもを着用の際にはしばしば半身のみの着物「半着」が用いられた。

各部の名称[編集]

長着の各部名称

  1. 掛け衿(かけえり)・共衿(ともえり)
  2. 衿(ほんえり)・地衿(じえり)
  3. 右の前身頃(まえみごろ)
  4. 左の前身頃
  5. 袖(そで)
  6. 袂(たもと)
  7. 左の衽(おくみ)
  8. 右の衽
  9. 剣先(けんさき)
  10. 身丈(みたけ)
  11. 裄丈(ゆきたけ)
  12. 肩幅(かたはば)
  13. 袖幅(そではば)
  14. 袖丈(そでたけ)
  15. 袖口(そでぐち)
  16. 袖付(そでつけ)

身頃と衽[編集]

身頃(みごろ)
身頃は、右の前身頃・左の前身頃・後身頃をまとめて呼ぶ言葉。右の身頃と左の身頃の2つの布で構成される。前身頃と後身頃は一枚生地で、肩のところで折られている。
前身頃(まえみごろ)
袖を除いた身体の前面を覆う部分。「右の前身頃」と「左の前身頃」に分かれている。
後身頃(うしろみごろ)
袖を除いた背中側を覆う部分。基本的に背中心で縫い合わせるが、ウールなどの広幅の生地を用いて作る場合、後身頃が一つの布で構成されているものもある。
衽(おくみ)
前身頃の合わせ側に縫いつけられた半幅の布。衿の半ばから裾まで続く。「」とも書く。
上前(うわまえ)
左の前身頃、衽、衿のうち、前を合わせた時に上になる部分。
下前(したまえ)
前を合わせた時に下側になる、右の前身頃と衽のこと。

[編集]

衿(えり)
首の周りを囲み、胸元で合わせる細長い布の部分。掛け衿と区別して、「地衿(じえり)」と呼ばれることもある。「」とも書く。
掛け衿(かけえり)
汚れを防ぐために、地衿の上にさらにつけた衿。表生地と同じ生地(共布)を用いるときは特に「共衿(ともえり)」と呼ばれる。

[編集]

長着の袖付けの位置は、人体の肩先よりも下がった位置になる。

1.人体の肩先
2.袖付けの位置
袖(そで)
左右の腕を通す部分。
袖口(そでぐち)
手首を出すための開口部。
袖刳(そでぐり)
袖を縫いつける身頃の穴。アームホール。
袂(たもと)
袖の下部の垂れ下がった袋のようになった部分。
八つ口(やつくち)

女性用長着。1.身八つ口 2.振八つ口
女性用長着。
1.身八つ口 2.振八つ口

男性用長着。1.身八つ口がない 2.振八つ口がない(人形)
男性用長着。
1.身八つ口がない
2.振八つ口がない(人形)

脇の縫い合わさっていない部分、またはその寸法。身頃側を身八つ口、袖側を振八つ口(または単に振り)という。長着には首の部分・足の部分・右の袖口・左の袖口・右の振八つ口・左の振八つ口・右の身八つ口・左の身八つ口の8つの穴がある。日本語で穴のことを口と呼ぶことがあり、これが八つ口の語源になったといわれる。身八つ口と振八つ口は女性用の着物と子供用の着物にのみあり、女性用の着物の身八つ口は主におはしょりを整えるために、子供用の着物の身八つ口は主に紐を通すために利用される。
男性用の和服では、身八つ口と振八つ口は閉じられている。江戸初期までは女性も成長すると身八つ口、振八つ口を閉じていた。振八つ口を閉じた部分を「人形」と呼ぶ。

寸法[編集]

長着を仕立てる際に最も重要な寸法は身丈、着丈、裄丈である。

基準点[編集]

肩山(かたやま)
平面に置いたときに、肩の前身頃と後ろ身頃の折り目にあたる部分。
剣先(けんさき)
衽の一番上の頂点で、剣のように尖った部分。前身頃と襟(本衿または掛衿)と衽が交わる所である。衽下がりの寸法、身幅の寸法によってその長さが決まる。
裾(すそ)
腰より下の部分、または長着の下の縁の部分。
背中心(せちゅうしん)
一般的に、身体を右半身と左半身に分ける面を正中面(せいちゅうめん)という。服を着たときに、身体の正中面と服の背中が交わる線を、背中心という。背中の布が右の後身頃(みぎのうしろみごろ)と、左の後身頃(ひだりのうしろみごろ)に分かれている場合は、左右の後身頃を縫った線が背中心になる。このことから、背中心のことを背縫い(せぬい)ともいう。
褄先(つまさき)
褄の先端。裾の左右の頂点。

標準的な寸法[編集]

身丈(みたけ)
肩山から裾までの上下方向の長さ。男性用の長着では着丈と同寸で、身長から頭部を減じた寸法となる。女性用は一般に、腰の位置で身頃を折り畳んでおはしょりを作って裾を上げるため、その分着丈より長くなり、一般には身長と同寸とする。
着丈(きたけ)
着たときの上下方向の長さ。
裄丈(ゆきたけ)
単に裄(ゆき)ともいう。背中心から袖口までの長さ。肩幅と袖幅を足した長さが裄丈となる。
衽下り(おくみさがり)
肩山と衿の接点と剣先を結んだ線を長辺とする直角三角形の高さ。女性用は23cm程度。
肩幅(かたはば)
背中心から袖付けまでの長さ。両肩の幅を指す洋服における肩幅とは異なる。通常30cmから32cmくらいで、肩幅を約2倍すると左の肩から右の肩までの長さよりも長くなる。
繰越(くりこし)
左右の肩山の中心点から襟の後ろまでの長さ。女性用の和服においては、衿の後ろを背中へ向かって少しずらした位置になるように着るために、肩山と衿肩あきに余裕を持たせるが、その寸法およびその部分のこと。女性用の長着の繰越は、通常2cmから3cmくらいである。男性用や子供用には基本的に存在しない。
袖口(そでぐち)
袖口の長さ。袖口明(そでくちあき)ともいう。袖口の長さは、円周の半分で表現される。袖の端を全く縫わない場合は、袖丈の長さは袖口の長さと同じになる(お宮参りの「掛け着」などに見られる大名袖がその代表)。通常20cmから23cmくらいである。
袖丈(そでたけ)
袖山から袖下までの長さ。長着の袖丈は、年齢や好みにもよるが大抵通常49cmから51cmくらいである。
袖付(そでつけ)
袖と身頃を縫い合わせる部分およびその寸法。肩山から身体の前方向へ向かって測った長さを「前袖付」、後ろ方向へ向かって測った長さを「後袖付」という。一般的には前後袖付寸法は同じであるが、好みや体格により「付け違え」と言って前後で寸法を変えることも行われる。女性用の長着の袖付は通常23cmくらいだが、帯を胸の高い位置で締める場合は、もっと短くする。男性用の長着の袖付は、通常40cmくらいで女性物よりも長い。これは女性に比べて帯が細く、また腹の下部で締めるためである。
袖幅(そではば)
袖付から袖口までの袖の幅のこと。肩幅と袖幅を足した長さは裄丈である。洋服の袖丈にあたる。通常は33cmから34cmくらいである。
抱幅(だきはば)
身八つ口から衽付けまでの幅のこと。

反物[編集]

反物は、和服の材料となる織物の総称である。女性用の長着を作るときは、通常、幅が36cmの反物を使う。一人用でおおむね12メートル使用するが、体が大きくなっている昨今では個別に差があるが、和服の制作方法の詳細については和裁を参照。

反物の模式図[編集]

反物
布の表を保護するために、中表(表が内側になっていること)に巻いてある。

裁断の方法(裁ち方)[編集]

一般的な裁断図を示すが、柄合わせを必要とするもの、また傷があった場合などはこの縦で区切られた区画のものの順序が異なる場合がある。

裁断の方法(裁ち方)
  1. 右の袖(そで)
  2. 左の袖
  3. 右の身頃(みごろ)
  4. 左の身頃
  5. 右の衽(おくみ)
  6. 左の衽
  7. 掛衿(かけえり)・共衿(ともえり)
  8. 本衿(ほんえり)・地衿(じえり)
m 身丈(みたけ)
s 袖丈(そでたけ)
組み合わせ方の概観

脚注[編集]

  1. ^ 田中千代 『新・田中千代服飾事典』 同文書院、1998年、第一版新訂第一刷、739頁。ISBN 4-8103-0022-6
  2. ^ 田中千代 『新・田中千代服飾事典』 同文書院、1998年、第一版新訂第一刷、323頁。ISBN 4-8103-0022-6

参考文献[編集]

  • 田中千代 『新・田中千代服飾事典』 同文書院、1998年、第一版新訂第一刷。ISBN 4-8103-0022-6
  • 森荷葉 『写真でわかる きもの用語辞典』 ナツメ社、2010年ISBN 978-4-8163-4956-0