クリノメーター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
クリノメーターの一例

クリノメーター(clinometer)とは、地質調査(地表踏査)において、面構造および線構造英語版の測定を行うときに用いる道具である[1]。面構造の場合は、地層面などの走向傾斜の測定で利用される[1]

ルーペハンマーと共に、地質調査の三種の神器とも呼ばれる[2]。間縄測量などの簡単な測量にも使える。

日本において「クリノメーター」といえば、特に地学・地質調査用として工夫されコンパスと一体になっている複合器具の固有名称のように用いられており、本項ではこれについて記述するが、これは英語では地学用コンパス(geological compass)、傾斜計付きコンパス(compass with clinometer)等と呼ばれる物である。 元来clinometerは単に傾斜計の意で、コンパスを含まない傾斜計機能部分のことを表したり、地質調査用途以外の様々な目的の傾斜測定用具一般をも指す。[要出典]

概要[編集]

日本国内で使用されるクリノメーターの各部位の名前
コンパスの東西表示が逆になっている点、方位目盛りが90度表示である点が特徴。

日本では、板付きクリノメーターがよく用いられる[1]。日本でよく使用されるクリノメーターは、方位磁針傾斜計振り子)・水準器から構成される[3]。特徴として、読み取りの便宜上、方位磁針の西の表示が逆になっている点[1]、方位角度が360°表示でなく90°表示になっている点が挙げられる。

日本国内においては、本体の材質は従来はもしくはアルミニウム合金だったが、近年ではプラスチック製も登場した。振り子と磁針がオイルダンプされたカプセルに封入されているのも特徴である。また最近になってデジタル式クリノメーターも実用化された。

このほか、日本ではクリノコンパスも用いられている[3]

欧米で使用されるブラントンコンパス

なお、欧米では、ブラントンコンパス英語版がよく用いられる[3]。ブラントンコンパスは、方位磁針・水準器・傾斜器から構成されている[3]

面構造の測定方法[編集]

走向の測定[編集]

測定面にクリノメーターの長辺を水平に当てて、磁針の示す方位角を読み取る。 

傾斜の測定[編集]

測定面の最大傾斜方向つまり走向方向に対して直角の方向にクリノメーターの長辺側の側面を当てて、傾斜計の示す傾斜角を読み取る。

補助走向板の活用[編集]

クリノメーターを当てるだけの広さの適当な面が無い、あるいは測定面に近寄れないなどの場合に、適当な板を測定面と平行に固定し、その板の面を測定することもよくある。実際上、測定面が理想的な平面なのは稀で、大抵は凸凹していたりうねっていたりするので、測定面全体としての平均的な走向・傾斜を正確に測定するには、むしろ補助走向板を常時、活用するのが望ましい。

線構造の測定方法[編集]

線構造の測定の際は、まず、線構造の層理面についてクリノメーターを使って走向・傾斜を測定する[4]。次に、層理面上に走向線をかき、走向線と線構造のなす角(レーク英語版)を分度器で測定する[5]

また、トレンドは、走向板を走向線上で垂直に立てたうえで、クリノメーターで走向を測定することで直接把握できる[6]。プランジは、クリノメーターの長辺を走向線上で垂直に立てることで測定できる[6]

東西逆表示のルーツ[編集]

1650年ごろ長崎に来たオランダ人医師カスパル (Caspal) によって、当時のヨーロッパの測量技術が伝えられ、後に規矩(きく)術として伝承し、実用化された。その一人の金沢清左衛門が、航海用に世界初となる東西が逆の磁石逆盤を考案した。そのうちに当時振矩師(ふりがねし)と呼ばれた鉱山の測量家達がその方式を取り入れて使い始めた方位測定器が、現在のクリノメーターの前身であるらしい[7]

日本最古のクリノメーターを発見[編集]

岩松暉によると、日本最古と思われるクリノメーターは尚古集成館にて発見された。[8]地質学者ならではの発見であった。

クリノメーターの分類[編集]

従来よりあるクリノメーター[編集]

木またはアルミニウム合金製で、方位磁針・傾斜計はガラス板で覆われている。多くの地質学生研究者技術者などが長年、慣れ親しんでいるモデルである。

プラスチック製のクリノメーター[編集]

プラスチック製で、方位磁針・傾斜計はオイルダンプされたカプセルに封入されている。当初は山岳用品店などで販売されているシルバ社やスント社の、傾斜計の装備された高級コンパスを個人が購入して、クリノメーターとして使いやすいように水準器を貼り付けるなどの工夫をしていた。現在では複数の国内メーカーがシルバ社製のコンパスを改造してクリノコンパスとして市販している。最大の利点はオイルダンプであることで、磁針が静止したままほとんど振れず、読み取りが一瞬ですみ、しかも正確に読み取れる。水に強くて壊れにくく、磁針の磨耗もほとんど無く、メンテナンスフリーであるのもオイルダンプの利点である。本体がプラスチックなので非常に軽い(水には沈む)。 

デジタルクリノメーター[編集]

内蔵センサが測定するデジタル式のクリノメーター。読み取りが一瞬ですむ、結果を記録できる、GPS内蔵のものは同時に位置情報も記録できるなどの利点がある。さらに、測定・解析に手間がかかる線構造の方向も一瞬で知ることができる。 近年はスマートフォンの普及に伴って、スマートフォンをクリノメーター代わりに使用できるアプリケーションが開発されている。スマートフォンに内蔵されている地図アプリケーションと連携することにより、自動でルートマップを作成できるアプリケーションも存在している[9]。国内ではジーエスアイ株式会社などが開発、販売を行い、従来の外国製デジタルクリノメーターに比べ安価で機能的である。膨大なデータを扱う構造地質関係の分野や、GPSを活用しての地形図の使いにくい地域での地質調査に有効である。 

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d 天野・秋山 2004, p. 53.
  2. ^ 柴田賢; 鬼頭剛 (2017). “野沢 保博士のフィールドノート” (PDF). 名古屋大学博物館報告 32: 17-25. doi:10.18999/bulnum.032.02. http://www.num.nagoya-u.ac.jp/outline/report/pdf/032_02.pdf 2020年9月13日閲覧。. 
  3. ^ a b c d 久田 2011, p. 54.
  4. ^ 天野・秋山 2004, p. 55.
  5. ^ 天野・秋山 2004, pp. 55-56.
  6. ^ a b 天野・秋山 2004, p. 57.
  7. ^ 清水大吉郎、1984
  8. ^ 岩松暉(1989)
  9. ^ 小島佑季彦, 西開地一志, & 豊田守. (2011). Android 携帯端末の地質調査への応用. In 日本地質学会学術大会講演要旨 日本地質学会第 118 年学術大会・日本鉱物科学会 2011 年年会合同学術大会 (水戸大会) (pp. 29-29)., doi:10.14863/geosocabst.2011.0.29.0

参考文献[編集]

  • 羽田忍『地質図の読み方・書き方』共立出版〈地学ワンポイント〉、1990年。ISBN 4-320-04626-9
  • 天野一男・秋山雅彦『フィールドジオロジー入門』日本地質学会フィールドジオロジー刊行委員会、共立出版〈フィールドジオロジー〉、2004年。ISBN 4-320-04681-1
  • 坂幸恭『地質調査と地質図』朝倉書店、1993年。ISBN 4-254-16234-0
  • 地学団体研究会新版地学事典編集委員会編『地学事典』平凡社、1996年、新版。ISBN 4-582-11506-3
  • 清水大吉郎日本の"クリノメーター"の歴史 (PDF) 」 『日本地質学会学術大会講演要旨』第91巻、日本地質学会、1984年、 576頁。
  • 久田健一郎「地質調査」『地球学調査・解析の基礎』上野健一・久田健一郎(編)、古今書院〈地球学シリーズ〉、2011年、53-70頁。ISBN 978-4-7722-5254-6

関連項目[編集]

外部リンク[編集]