褐衣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

褐衣(かちえ)・褐襖(かちあお)は、日本古代から中世にかけて、地下武官左右近衛随身(ずいじん)、鷹匠が用いた上着狩衣(かりぎぬ)の一つ、および武家装束[1]

概要[編集]

形式の狩衣に似ているが、違いは付け部分が縫いふさがれていることである[2]。なお、脇部分は開いている[1]布地布か平絹が多い。古くは野外に行幸する時に随従した者が着た衣服で、古くは中将・少将も着用していたが、後には高官などを警護する武官や兵士、無位の者が着用するものとされた。

褐衣の由来については兎の毛などを使った「褐」と呼ばれる織物で作られていたからとする説が有力であるが、当時の日本で毛織物が用いられていたかどうか疑問視する考えもある。褐色(今日の茶色系ではなく、後に「勝色」と呼ばれた紫色系のもの)に近い系統(一日晴(その日だけの物を用いる格別の儀式)では紫や蘇芳、通常は縹や紺)が用いられており、その由来については謎が残されている。

蛮絵の袍[編集]

褐衣にはくまや唐獅子などの模様(外国系統のを丸い形に図案化した文様)、いわゆる蛮絵で飾った様式があり、それを別名で蛮絵の袍と呼んだ[2]。蛮絵は元来墨で摺って部分的に彩色を加えたものであったが、桃山時代の法隆寺所蔵品は全体が彩色され、近世にはいると刺繍が一般化した(河上繁樹説)。

蛮絵装束は舞楽装束としても使用し、各地のなどの伝統行事や日本伝統芸能において、現在も着用されている。

脚注[編集]

  1. ^ a b デジタル大辞泉「かち‐え(褐衣)」 小学館 2015年10月24日閲覧
  2. ^ a b ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「かちえ(褐衣)」 ブリタニカ・ジャパン株式会社2015年10月24日閲覧

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 鈴木敬三「褐衣」(『国史大辞典 3』(吉川弘文館、1983年) ISBN 978-4-642-00503-6
  • 山辺知行「褐衣」(『日本史大事典 2』(平凡社、1993年) ISBN 978-4-582-13102-4
  • 清田倫子「褐衣」(『平安時代史事典』(角川書店、1994年) ISBN 978-4-04-031700-7
  • 河上繁樹『舞楽装束』至文堂 日本の美術 383 1998年