出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

(まい)とは、日本舞踊のうちメロディに合わせた旋回運動を主としたもの[1]明治以前は踊りとは、はっきりと区別されていたが、ダンスの和訳として舞踊という言葉ができ区別が意識されなくなった[注釈 1]

解説[編集]

古典的な神楽に大陸からの渡来芸が加わったものとされ、民衆の中から生まれた踊りに較べて専門的技能を要するものである。ゆえに世襲的に伝えられてきたものが多いが、明治維新後は家禄を失ったことにより多くは絶えてしまい、伝統芸能としては能楽の要素として残される程度である。しかし多くの民俗芸能(郷土芸能)が重要無形民俗文化財に指定されている他、その伝統を引き継ぐものは多々あり、面影をしのぶことができる。

なお室町時代から江戸時代の初期にかけては、舞(まい)といえば幸若舞を指すことが多かった[2]

舞楽[編集]

舞楽とは、舞をともなった雅楽を指している。日本の舞楽は唐楽・林邑楽・度羅楽・高麗楽・新羅楽・百済楽といった、中国を中心とした広い範囲の種種雑多な諸楽を楽舞群としてまとめたもので、日本に伝来したのは欽明天皇の時代から推古天皇の時代にかけてと考えられる[3]。現代でも演じられているが、中国・朝鮮で整理された形で日本に伝来したため、元となったものよりも昇華した部分もある。舞楽は演目に合わせて舞楽面と呼ばれる仮面をつけて踊る。

以下は、重要無形民俗文化財に指定されている舞楽であり、口承などでは平安時代からの歴史をもつとされるものが多い。

重要無形民俗文化財指定の「舞」[編集]

以下に、重要無形民俗文化財に指定されているを掲げる。口承では、いずれも室町時代以前からの歴史をもつものばかりである。

さまざまな舞[編集]

その他、以下のような舞の芸能が各地に伝承されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 「踊り」は、跳躍運動から芸能化したものである。このことを指摘したのは折口信夫である。池田(1968)p.20

参照[編集]

  1. ^ 池田(1968)p.16
  2. ^ 池田(1968)p.13
  3. ^ 中村 1996, p. 115.

参考文献[編集]