剣詩舞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

剣詩舞(けんしぶ)とは、剣舞詩舞(扇舞とも)の2つからなる日本の芸道である。剣舞と扇舞を合わせて 剣扇舞 (けんせんぶ)と呼ぶこともある。

ともに、詩吟(吟詠)にあわせ和服で舞い詩の情緒を表現する。

詩吟と剣詩舞は、基本的に別々の者が行う。人数は決まっておらず、吟者と舞者が一対一の場合もあれば、吟者一人に対して複数人で舞う場合も多い。

剣舞[編集]

剣舞は、広い意味では、刀剣を持って舞うこと。ここでは、詩吟に合わせて日本刀を用いて舞うことを指す。演目によっては、刀に加えて扇子を用いることもある。

安政の時(1855~1860年)、昌平坂学問所の書生が酔った際に、詩を吟じ、刀剣を抜き舞ったという。明治維新後、榊原健吉が行った撃剣興行の余興として剣舞が披露された。その後、日比野正吉(雷風)、長宗我部林馬(加藤鶯鳴,秦霊華)が剣舞を系統だて整理し、前者は神刀流、後者は弥生流を発表した

詩舞[編集]

詩吟に合わせて扇子のみを持って舞うことは扇舞(せんぶ)または詩舞(しぶ)という。

流派[編集]

※順不同

  • 秋月流 中田鶯秀。
  • 精華流 桐島鶯哦。
  • 剣心流 藤田鶯誠。
  • 東流 古川慶風。
  • 伊東流 伊東祐憲、東京。
  • 桜堂流 宗家は前田桜堂。
  • 鹿島神刀流 高橋佐十郎。
  • 鹿島心流 宗家は入来徹洲。
  • 菊水流 宗家は伊藤南光。
  • 光幻流 冨田光幻、松本。
  • 薩摩真正神刀流 迫田博州、鹿児島。
  • 薩摩神刀自念流 榎木麗洲。
  • 秀鳳流 総師範は小林秀鳳。
  • 橘流 小倉神竜。
  • 竹生流 岩村秋水。
  • 天心流 岸田天心、東京。天心館長。
  • 天都流 犬童松楓。
  • 南影流 宗家は西庄秀礼、神奈川。
  • 南宗流 大木正武斎。二世は大木南宗、豊島区。
  • 水府流 宗家は佐々木神風。
  • 明倫流 杉本尚隆。
  • 神道流 山口昌玲。
  • 美寿々吟剣詩舞道愛好会 会長は樋口敏治、松本。号は詩吟では龍鵬、剣舞では鈍刀。
  • 大和真刀流誠和館 館長は谷津田秀和、東京。
  • 神道武正流 宗家は村松幸龍、武蔵野市。
  • 維新流 宗家は関根剣泉、東京。
  • 岳城流詩吟・景山流詩舞 神国館景山会総本部理事長 菅沼芳山、神奈川。
  • 石心流剣清会 宗家は石崎剣清、横浜。
  • 紫舟流 宗家は小林紫舟、三浦郡葉山町。
  • 剣舞一刀流 宗家 松永刀雲、神奈川。
  • 峯國流剣詩舞道会 宗家 久保峯國、神奈川。
  • 親麗流照麗会 会長 鶴田照麗、町田市。
  • 青沙流 宗家 漆畑青沙、静岡。
  • 日乃本流剣舞道 宗家 梯剣麗門、長崎。
  • 鋒秋流 宗家 大塚鷹秋、福井。
  • 精心流剣詩舞道水友会 会長 青木剣心、広島。
  • 鉄心流剣詩舞道 二代目宗家 大本翠山、広島。
  • 桜諷流吟剣詩舞道会 会長 中尾桜諷、山口。
  • 誠章流誠風館 館長 金中誠京、山口。
  • 筑紫流日本吟道詩舞菊風会 会長 藤井仙寿、福岡。
  • 翡翠流詩舞扇葉会 会長 岡田扇葉、福岡。
  • 大和陽心流瑞城会 副宗家 椎野瑞扇、徳島。
  • 八千穂流剣詩舞道会 宗家 菊川八千穂、札幌。
  • 吟舞道西峰流 宗家 大橋西峰、栃木。
  • 菊秀流 宗家 菊池秀園、東京。
  • 誠紀流誠修館 館長 石井誠紀、東京。
  • 神心流尚道館総本部 家元 安倍秀風、京都。
  • 岳翠流吟剣詩舞道会 剣詩舞部長 福森岳瀛、北海道紋別。
  • 踊翠流 北海道。
  • 和翔流 北海道。
  • 神刀流 日比野雷風。
  • 神刀流木崎派
  • 大日本正義流 多田正義、大阪。
  • 青柳流
  • 日本神道流 山田刀華、愛知。
  • 神道一刀流 掛布篁華、愛知。
  • 神刀無念凱山流 鈴木凱山、栃木。
  • 神明鍛心流 永野鍛心、東京。
  • 北辰神桜流 篠田桜峰、愛知。
  • 北辰神明流 遠藤剣峰。
  • 天辰神容流 杉浦容楓。
  • 田宮流 妻木正麟。
  • 神刀神明流
  • 水府新刀流 斉田電光、茨城。
  • 神明無双流
  • 神武流
  • 神伝真正金房流 金房冠一郎。
  • 神伝真正早渕流 早淵鯉昇。
  • 神伝真正豊田流 豊田治(凛風)。
  • 神伝真正冠翔流 喜多冠翔。
  • 神伝真正一如流剣詩舞道 中町如洲。
  • 大日本水心流
  • 弥生流
  • 水華流剣舞道
  • 水心黎明流 川原霊宗。
  • 水心弘道流剣詩舞道 林霊山。
  • 渋川流 田村天月、石川。
  • 無想流剣武術 高橋蘇峰、佐賀。
  • 真槍流剣武術 海沼南至。
  • 無想伝心碧洲流 宮沢碧洲、長野。
  • 静山流 榊原静山(帰逸)。
  • 菊水流 藤上南山、岡山。

脚注[編集]

1919年(明治43年)「國民百科全書」(尚文館)

外部リンク[編集]

関連項目[編集]