皿回し

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
皿回し

皿回し(さらまわし、英語: Plate spinning)とは、、あるいは棒状の物(キセルなど)の先端で茶碗を回転させる技術曲芸)、そのための道具、あるいはその演者を指す。英語圏では、プレート・スピニングPlate spinning)で、ジャグリングの一種とされ、使用される皿をスピニングプレートと称する。

皿を回したまま手のひらあごの上などでバランスをとる曲芸で、しばしば複数の皿を同時に操る。

概要[編集]

人倫訓蒙図彙』(元禄3年(1690年)頃刊行)の挿図より「放下」(右)「住吉踊り」(左)
放下師は路上で皿回しをしている。

日本の中世から近世にかけて大道芸をおこなっていた放下(ほうか)は烏帽子姿や形をなしていたが、江戸時代には俗人の手にうつり、従来の曲芸ばかりではなく、大がかりな曲芸や手品を手がけるようになり、籠抜けや皿回しも演じるようになった[1]。一方で寄席演芸としてもおこなわれるようになり、現在にいたっている[注釈 1]

こんにちでは大道芸として演じられることも多いが、中国雑技に由来する多数の皿を回すもの、一本の棒で一枚の皿を回すもの、正座して技術を競う競技などさまざまなスタイルがある。最近ではトスジャグリングを取りいれたスタイルも登場している。

皿回しの科学[編集]

皿回しの成り立たせているのは遠心力ジャイロ効果である。

皿などを高速で回転させることによって遠心力がはたらき、皿と棒が垂直(皿と地面・床が水平)の状態を保とうとする[2]。さらに、皿が充分な速度で回転するようになると、皿の中心を棒などで支えても回転状態を保ち、回転軸の方向を一定に保とうとする力がはたらく[2]。これをジャイロ効果という[2]。この現象は、転がりつづけようとする独楽ヨーヨー硬貨(コイン)などで確認でき、また、自転車オートバイなど二輪車の走行、円盤式(回転式)ののこぎりなどでは、この力が利用される[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 18世紀以降、しだいに劇場からはすがたを消し、大道芸に回帰していった放下は「辻放下」と呼称され、身分的には非人階級に属し、江戸浅草車善七の差配に服した。郡司(1953)pp.592-593

出典[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]