山路興造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

山路 興造(やまじ こうぞう、1939年6月13日 - )は日本民俗学者、芸能史研究家。

京都嵯峨芸術大学客員教授、「藝能史研究会」代表委員、「民俗芸能学会」代表理事。

東京・渋谷生まれ。早稲田大学教育学部卒業。

国立文化財研究所芸能部(現東京文化財研究所無形文化遺産部)嘱託、平凡社地方資料研究センター所員、京都市歴史資料館主幹を経て、1992年に同館館長。のち京都市文化財保護課参与。一貫して、民俗芸能の研究に携わる。

受賞[編集]

著書[編集]

単著[編集]

  • 翁の座 : 芸能民たちの中世 山路興造 著 平凡社 1990
  • 江戸の庶民信仰 : 年中参詣・行事暦・流行神 山路興造 著,花林舎 編 青幻舎 2008 (大江戸カルチャーブックス)
  • 京都芸能と民俗の文化史 山路興造 著 思文閣出版 2009
  • 中世芸能の底流 山路興造 著 岩田書院 2010
  • 近世芸能の胎動 山路興造 著 八木書店 2010
  • 都の文化・光と陰 : 人権の視点から 山路興造 著 世界人権問題研究センター 2016 (人権問題研究叢書 ; 14)

共著[編集]

  • 近世祭礼・月次風俗絵巻 狩野博幸, 山路興造, 藤井健三 執筆,花林舎 編 東方出版 2005
  • 五来重著作集 全11巻 五来重 著,赤田光男, 伊藤唯真, 小松和彦, 鈴木昭英, 福田晃, 宮家準, 山路興造 [編] 法藏館 2007-2008

外部リンク[編集]