五来重

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

五来 重(ごらい しげる、1908年3月7日 - 1993年12月11日)は、日本民俗学者

経歴[編集]

茨城県久慈郡久慈町(現、日立市)に生まれる。茨城県立太田中学校(旧制)(現茨城県立太田第一高等学校)及び水戸高等学校文科甲類を経て[1]1932年東京帝国大学文学部印度哲学科を卒業[2]。一旦、高野山大学助手に就任するも、史学を学ぶため京都帝国大学に再入学、1939年、同大学文学部史学科国史学専攻を卒業した[3]。以後、京都師範学校教諭、高野山大学助教授、同教授を経て、1955年大谷大学文学部教授に就任。同大学を拠点として広く仏教民俗学を講じた。1962年には、大谷大学に学位論文「日本仏教民俗学論攷」を提出し、文学博士の学位を取得している[4]

従来、教学史研究・思想史研究に偏りがちであった日本仏教の研究に、民俗学の視点・手法を積極的に導入。各地における庶民信仰・民俗信仰の実態について、綿密な現地調査と卓抜した史観にもとづく優れた考察を加え、地域宗教史・民衆宗教史の分野に多大な業績をのこした。

1978年、大谷大学を定年退職、同名誉教授。退職以後も日本宗教民俗学研究所を主宰し研究を継続、多くの後進を育成した。

著作[編集]

  • 元興寺極楽房中世庶民信仰資料の研究』(法藏館、1964年)
  • 『高野聖』(角川新書、1965年/角川選書、1984年/角川ソフィア文庫、2011年6月)
  • 『熊野詣 三山信仰と文化』(淡交新社、1967年/講談社学術文庫、2004年)
  • 『吉野・熊野信仰の研究』(名著出版、1975年)
  • 『修験道入門』(角川書店、1980年)
  • 『宗教歳時記』(角川選書、1982年/角川ソフィア文庫、2010年)
  • 『仏教と民俗 仏教民俗学入門』(角川選書、1983年/角川ソフィア文庫、2010年)
  • 『踊り念仏』(平凡社選書、1988年/平凡社ライブラリー、1998年)
  • 『石の宗教』(角川選書、1988年/講談社学術文庫、2007年)
  • 『山の宗教 修験道案内』(角川選書、1991年/角川ソフィア文庫、2008年)
  • 『西国巡礼の寺』(角川書店、1996年/角川ソフィア文庫、2008年)
  • 四国遍路の寺』〈上下〉(角川書店、1996年/角川ソフィア文庫、2009年)

著作集[編集]

  • 『五来重宗教民俗集成』(全8巻、角川書店、1995年)
  • 『五来重著作集』(全12巻・別巻(略年譜・著作目録・全巻索引)、法藏館、2007~2009年)

参考文献[編集]

  • 〈追悼文〉和多秀乗「五来重氏の訃」(吉川弘文館『日本歴史』第550号、1994年)

脚注[編集]