碧海寿広

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
碧海 寿広
人物情報
生誕 1981年????
日本の旗 日本東京都
出身校 慶應義塾大学
学問
研究分野 宗教学仏教学
研究機関 武蔵野大学
テンプレートを表示

碧海 寿広(おおみ としひろ、1981年 - )は、日本の宗教学者、武蔵野大学准教授。

経歴[編集]

1981年、東京生まれ。慶應義塾大学経済学部を卒業し、同大学院社会学研究科博士課程を単位取得退学。2012年「近代日本における仏教の変容に関する研究」を慶應義塾大学に提出し、博士(社会学)号を取得。龍谷大学アジア仏教文化研究センター博士研究員を経て、2019年より武蔵野大学准教授となる。

専門は宗教学、近代仏教[1]

著書[編集]

  • 『近代仏教のなかの真宗 近角常観と求道者たち』法藏館 日本仏教史研究叢書 2014
  • 『入門 近代仏教思想』ちくま新書 2016
  • 『仏像と日本人 宗教と美の近現代』中公新書 2018
  • 『科学化する仏教 瞑想と心身の近現代』角川選書 2020
  • 『考える親鸞 「私は間違っている」から始まる思想』新潮選書 2021

共著・訳書[編集]

  • 『宗教と資本主義・国家 激動する世界と宗教』KADOKAWA 2018
池上彰佐藤優松岡正剛若松英輔共著

共編[編集]

  • 清沢満之と近代日本』山本伸裕共編、法藏館 2016
  • 『現代日本の仏教と女性 文化の越境とジェンダー』龍谷大学アジア仏教文化研究叢書
那須英勝・本多彩共編、法藏館 2019
  • 『日本仏教と西洋世界』龍谷大学アジア仏教文化研究叢書
嵩満也・吉永進一共編、法藏館 2020

脚注[編集]

  1. ^ 『仏像と日本人』著者紹介

外部リンク[編集]