出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

(おきな)は、年取った男、老人を親しみ敬って呼ぶ語。他人を呼ぶ時に使うと敬う意味になり[1]、自身を呼ぶ時に使うとへりくだる意味になる。

解説[編集]

男の老人を「翁」、女の老人を「嫗」と呼ぶ。中世において子供は「童」と呼ばれてまだ一人前の大人)ではないのに対し、翁(嫗)は既に人でなくなった存在とされていた。老人になると、翁(嫗)となり身体の衰えに応じて働くのである。

子供はに近い存在とされていたが、老人も同様である。翁になると原則的に課役などが課せられなくだけでなく神仏に近い存在とされ、例えば『今昔物語集』では神々は翁の姿で現れ、『春日権現験記絵巻』でも神は翁の姿で描かれている。

能楽界での翁[編集]

能楽世界では、その文化を共有する人たちにだけ通じる言葉、いわゆる符牒として、式三番を「翁」と略称する。

明宿集における「翁」論[編集]

1964年昭和39年)に発見された金春禅竹による能楽理論書『明宿集』の中に、翁を論じた箇所が見える。禅竹は翁を「猿能の能の世界を司る存在」と捉えていたようである。老爺の容姿をしており、人間の目では無意識の状態でのみ姿を見ることが出来る存在。したがって、意識して見ようとすれば見えない存在である。

元来は、「北極星」あるいは「胎児の化身」などと考えられていたが同書によると、翁とは「宿神」つまり、この世とあの世を繋ぐ精霊のようなものと記されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 例:「芭蕉翁」、「竹取の翁(竹取物語)」など

参考文献[編集]

関連項目[編集]