出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

(おきな)は、年取った男、老人を親しみ敬って呼ぶ語。他人を呼ぶ時に使うと敬う意味になり[注釈 1]、自身を呼ぶ時に使うとへりくだる意味になる。における「翁」は、別格に扱われる祝言曲で、翁・千歳・三番叟の三人の歌舞からなり、正月初会や祝賀能などの最初に演じられる[1]

解説[編集]

男の老人を「翁」、女の老人を「嫗」と呼ぶ。中世において子供は「童」と呼ばれてまだ一人前の大人)ではないのに対し、翁(嫗)は既に人でなくなった存在とされていた。老人になると、翁(嫗)となり身体の衰えに応じて働くのである。

子供はに近い存在とされていたが、老人も同様である。翁になると原則的に課役などが課せられなくだけでなく神仏に近い存在とされ、例えば『今昔物語集』では神々は翁の姿で現れ、『春日権現験記絵巻』でも神は翁の姿で描かれている。

能楽界での翁[編集]

能楽世界では、その文化を共有する人たちにだけ通じる言葉、いわゆる符牒として、式三番を「翁」と略称する。

明宿集における「翁」論[編集]

宗教人類学中沢新一によれば、1964年昭和39年)に偶然発見された金春禅竹による『明宿集』には、「翁」(宿神)の意味・神々の世界の中での宿神の位置などについて多数記述されていた[2]。『明宿集』とは、禅竹が一座の後進のために、猿楽で最も重要な精神的価値を持つ「翁」の本質を明らかにしようとして書いた、一種の内部文書である[3]。そのためこの書は、同じ精神的伝統を持つ者たちに向けられており、相当に大胆な思考がなされている[3]。内容は一部分だけでも、芸能史・神話学社会史民俗学の側面へと広がっている[4]

『明宿集』は次のように始まる[5]

抑翁ノ妙体 根源ヲ尋ネタテマツレバ 天地開闢ノ初メヨリ出現シマシマシテ [中略] 垂跡ヲ知レバ 歴々分明ニマシマス
第一 住吉ノ大明神ナリ 或ハ諏訪ノ明神トモ マタワ塩釜ノ神トモ現ワレマス 走湯山ニ示現シテワ勅使ニ対シ 筑波山ニシテワ石ノ面ニ現ワレテ詣リノ衆生ニ結縁ス[6]

(そもそも「翁」という神秘的な存在の根源を探究してみると、宇宙創造のはじまりからすでに出現していたものだということがわかる。 [中略] こういう神としての示現垂迹)を知れば、ますますいろいろなことがわかってくる。
第一は住吉大明神である。あるいは諏訪明神としても、塩竈の神としても示現をなさる。伊豆の走湯権現として示現したときには天皇勅使と直接対面をおこない、筑波山では驚異的な岩石の形をもって出現して、参詣の人々に深い感銘をあたえて結縁しているのである[7]。)

『明宿集』の冒頭で禅竹は、「翁」とは「存在」と同義であると述べている[8]。「翁」は様々な神の姿に垂迹を見せるのであり、その代表例としては、まずは住吉明神があり、続いて諏訪の神、塩釜の神、走湯山の神、筑波山の神が挙げられる[9]。いずれも自然の力と密接な繋がりを持っている[9]

禅竹は日本の自然や観念世界に「翁」と同様の構造を発見し、「翁」として次々に裁定していく[10](これは強力な一貫性があると同時に、後世の学者から「強引なこじつけ」「ペダンティズム」等と批判されることになった[11])。『明宿集』は次のように書く[12]

翁ヲ宿神ト申シタテマツルコト カノ住吉ノ御示現ニ符合セリ 日月星宿ノ光下リテ 昼夜ヲ分カチ 物ヲ生ジ 人ニ宿ル 三光スナワチ式三番ニテマシマセバ 日月星宿ノ儀ヲ以テ宿神ト号シタテマツル 宿ノ字ノ心 星下リテ人ニ対シ ヨロヅノ業ヲナシ給フ心アリ イヅレノ家ニモ呼バレ給フベキ星宿ノ御恵ミナレド 分キテ宿神ト号シタテマツル翁ノ威徳 仰ギテモナヲ余リアルベシ[13]

(翁を宿神と申し上げることは、かの住吉大神の御示現なさったときの姿と符号している。太陽と月と諸天体の光が地上に降下して、昼と夜の区別ができ、物質が生まれ、またその光は人間に宿ったのである。太陽・月・星の三つの光は猿楽に言う式三番に対応するものであるので、太陽・月・星宿(星宿神=北極星)の意味をこめて、宿神とお呼び申し上げているのだ。 「宿」という文字には、星が地上に降下して、人間にたいしてあらゆるをおこなうという意味がこめられている。星の光はあらゆる家に降り注ぐ。そのようにどのような家にも招かれ招待されるというのが星宿神たる北極星のお恵みではあるが、とりわけ宿神とお呼び申し上げている「翁」の威徳は、どんなに畏敬をこめて仰ぎ見てもあまりあるものがある[14]。)

ここで禅竹は「宿神」の「宿」を、「星宿」(天文学)と結びつけ、天(高み)と地(深さ)を媒介するものとしての「翁=宿神」を主張している[15]。ここから転じて禅竹は、「翁」と同体であるような神仏人物書物などを列挙していく[15]

宿神とシャグジの共通点[編集]

『世界大百科事典 第2版』では、宿神とは「守宮神,守久神,社宮司,守公神,守瞽神,主空神,粛慎の神,守君神など,さまざまな表記があるが,元来はシャグジ,シュグジなどと称された小祠の神の名」と推測されている[16]

シャグジと宿神について『石神問答』で研究した柳田國男は、音韻論的に一つの仮説を出した[17]。シャグジは漢字で書けば、社宮司・石護神・石神・石神井など多用だが、共通性として、呼び名が「シャ」「サ」「ス」などのサ行音と、カ行音(またはガ行音)の組み合わせになっている[18]。「サ」の音はなどのように、地形や物事の先端・境界を表す古語に頻出する[18]。この「サ」がカ行音と結びつくと、物事を塞ぎ遮る「ソコ」などのような、境界を指す言葉になる[18]。すなわち、シャグジは空間や物事の境界にかかわる霊威を表す言葉・神なのではないか[19]。そこから柳田は、「芸能の徒」の守り神が「宿神」と呼ばれた理由を次のように推論した[20]芸能者はもともと定住をしなかった人々であり、住むことができた場所は村・町はずれや、断層の近くだった[20]。そうした場所はたいがい、境界を表すサ行音とカ行音の結合である「サカ」や「ソコ」と呼ばれていた[20]。そのために芸能者たちは「ソコ」「スク」「シュク」の人々と呼ばれるようになり、彼らの守護神も「シュク神」と呼び慣わされるようになった[20]

宿神とは「この世とあの世を繋ぐ精霊のようなもの」でありって、ミシャグチ神とは関係ない[要出典]

注釈[編集]

  1. ^ 例:「芭蕉翁」、「竹取の翁(竹取物語)」など

出典[編集]

  1. ^ 『大辞泉』
  2. ^ 中沢新一 2003, p. 26.
  3. ^ a b 中沢新一 2003, p. 31.
  4. ^ 中沢新一 2003, p. 34.
  5. ^ 中沢新一 2003, p. 165.
  6. ^ 金春禅竹 2007, p. 4.
  7. ^ 中沢新一 2003, pp. 165-166、322(巻末付録 現代語訳『明宿集』).
  8. ^ 中沢新一 2003, p. 166.
  9. ^ a b 中沢新一 2003, p. 167.
  10. ^ 中沢新一 2003, p. 184.
  11. ^ 中沢新一 2003, pp. 184-185.
  12. ^ 中沢新一 2003, p. 185.
  13. ^ 金春禅竹 2007, p. 5.
  14. ^ 中沢新一 2003, pp. 185-186、328-329(巻末付録 現代語訳『明宿集』).
  15. ^ a b 中沢新一 2003, p. 186.
  16. ^ 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト 2017, p. 「宿神」.
  17. ^ 中沢新一 2003, pp. 56-57.
  18. ^ a b c 中沢新一 2003, p. 57.
  19. ^ 中沢新一 2003, pp. 57-58.
  20. ^ a b c d 中沢新一 2003, p. 58.

参考文献[編集]

関連項目[編集]