宮家準

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

宮家 準(みやけ ひとし、1933年9月22日 - )は、日本の宗教学者文学博士。専門は修験道研究。旧姓藤井。慶應義塾大学名誉教授國學院大學大学院文学研究科講師日本宗教学会常務理事、日本山岳修験学会名誉会長、神道宗教学会監事、日本道教学会理事。2012年宗教法人修験道管長、法首およびその総本山五流尊瀧院第37代住職。 父母は共に岡山県出身。後鳥羽上皇皇子頼仁親王以来男系血脈の宮家家を継ぐため、父の弟の養子となった。実兄の藤井隆立正大学教授。義兄の宮家道玄五流尊瀧院先代住職、宗教法人修験道前管長、前法首。

略歴[編集]

東京府出身。1956年慶應義塾大学文学部哲学科社会学専攻卒業[1]1962年東京大学大学院人文科学研究科宗教学宗教史学専攻修了[1]。同年4月から慶應義塾大学文学部助手1968年4月から同助教授となったが、学園紛争の嵐の中で暴力学生たちに研究室を破壊され、辛酸をなめたこともある。 1969年、『修験道の研究』により文学博士号取得。1974年ハーヴァード大学世界宗教研究センター客員研究員。1975年に帰国。1975年4月から慶應義塾大学文学部教授(1999年3月まで)。1999年から2007年まで國學院大學教授。 1997年ミシガン大学客員教授に就任。

受賞歴[編集]

修験道研究により日本宗教学会賞、慶應義塾賞福澤賞1985年)、日本山岳修験学会賞秩父宮記念学術賞1987年)などを受ける。2013年には、徳川記念財団特別功労賞を受賞した。

著作リスト[編集]

単著[編集]

  • 『修験道儀礼の研究』(春秋社、1971年)
  • 山伏─その行動と組織』(評論社、1973年)
  • 『日本宗教の構造』(慶應通信、1974年)
  • 修験道―その歴史と修行』(教育社歴史新書、1978年)(のち講談社学術文庫
  • 『生活のなかの宗教』(日本放送出版協会 NHKブックス、1980年)
  • 『修験道思想の研究』(春秋社、1985年)
  • 大峰修験道の研究』(佼成出版社、1988年)
  • 宗教民俗学』(東京大学出版会、1989年)
  • 民俗宗教へのいざない』(慶應通信、1990年)
  • 熊野修験』(吉川弘文館、1992年)
  • 宗教民俗学への招待』(丸善、1992年)
  • 『日本の民俗宗教』(講談社学術文庫、1994年)
  • 『修験道と日本宗教』(春秋社、1996年)
  • 『修験道組織の研究』(春秋社、1999年)
  • 役行者と修験道の歴史』(吉川弘文館、2000年)
  • 羽黒修験』(岩田書院、2000年)
  • 『民俗宗教と日本社会』(東京大学出版会、2002年)
  • 『宗教民俗学入門』(丸善、2002年)
  • 霊山と日本人』(日本放送出版協会、2004年)
  • 神道と修験道─民俗宗教思想の展開』(春秋社、2007年)
  • 『修験道の地域的展開』(春秋社、2012年)
  • 『修験道 その伝播と定着』(法蔵館、2012年)
  • 『修験道と児島五流ーその背景と研究』(岩田書院、2013年)
  • 『修験道小事典』(法蔵館、2015年)

編著[編集]

共編著[編集]

監修[編集]

監訳[編集]

  • H・バイロン・エアハート『羽黒修験道』鈴木正崇共訳(弘文堂、1985年)

出典[編集]

外部リンク[編集]