田植踊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

田植踊(たうえおどり)は、主に宮城岩手両県を中心にした東北地方小正月のころに行われる予祝芸能田遊び風流化したものとされる。

概要[編集]

田遊びのように模擬的に稲作の様子を演じる儀礼とは異なり、田植踊は芸能性が顕著である。青年少年少女によって行われ、弥十郎などと称される音頭取りとともに早乙女が花笠を付けて民家を廻り、弥十郎の口上の後田植え歌に合わせて踊るものが多い。

神社寺院奉納してから家々を巡る例もあり、場所によっては田の神七福神が登場して新年を寿ぐ例もあるなど細部には異同がある。

代表的な田植踊[編集]

参考文献[編集]