風流踊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
狩野長信『花下遊楽図屏風』左隻
安土桃山時代の風流踊のようすが描かれている。

風流踊(ふりゅうおどり)または風流(ふりゅう)とは、中世芸能のひとつで、太鼓など囃しものの器楽演奏小歌に合わせて様々な衣装を着た人びとが群舞する踊りである[1]室町時代に流行した。

概要[編集]

華やかな衣装で着飾り、または仮装を身につけて、鉦(かね)や太鼓、笛などで囃し、歌い、おもに集団で踊る踊りである[1]。のちには、華麗な山車行列や、その周囲で踊った踊りを含めて「風流」と称した。疫神祭や、念仏田楽などに起源をもつ芸能と考えられている[1]文明9年(1477年)まで続いた応仁・文明の乱以降とくにさかんになり、踊りを中心に広まった。歴史的には、『豊国祭図屏風』に描写された慶長9年(1604年)の豊臣秀吉七回忌における豊国神社の風流踊がよく知られている。

江戸時代に入ると、一回性の趣向を凝らして人目を奪うといった風流の精神は失われ、固定化された踊りとして各地の農村に定着した[2]。風流踊りの踊り歌は武家の視点に立った武家好みの歌詞が多く、藩政下において雨乞いの一手段として奨励・助成された。多くの風流踊りは継承が途絶えたが、三重県伊賀地方などでは現在も継承されている[2]

後世、亡者慰霊のための念仏踊盆踊り雨乞踊虫送り太鼓踊浮立(ふりゅう)、剣舞(けんばい)、迎講仏舞 [要曖昧さ回避](ほとけのまい)、小歌踊願人踊(がんにんおどり)、綾踊奴踊花笠踊棒踊、祭礼囃子、太鼓打芸など、多くの民俗芸能、民俗行事の源流となった[1][注釈 1]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 東日本に散在する三匹獅子舞鹿踊(ししおどり)も風流踊に起源をもつ芸能であるといわれる。西角井(2004)

参照[編集]

  1. ^ a b c d 西角井(2004)
  2. ^ a b 佐々木 2003, pp. 238-251.

参考文献[編集]

  • 西角井正大「風流(ふりゅう)」小学館編『日本大百科全書』(スーパーニッポニカProfessional Win版)小学館、2004年2月。ISBN 4099067459
  • 佐々木聖佳、福田晃真鍋昌弘常光徹(編)、2003、「伊賀地方の風流踊り歌について」、『口頭伝承<トナエ・ウタ・コトワザ>の世界』9、 三弥井書店〈講座 日本の伝承文学〉 ISBN 4838231229