名古屋帯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
名古屋帯

名古屋帯(なごやおび)とは日本の女の一種。名古屋で考案されたことに由来する。

概要[編集]

袋帯より長さが短く一重太鼓結びにする長さの帯で、軽く締めやすい帯である。 当初は染め帯であったが、織り帯も作られるようになり、金糸銀糸を使用したものは付け下げ色無地に合わせて準礼装に、その他のものは小紋などのお洒落着に合わせる[1]

種類[編集]

以下の2つの種類に大別される。時代と共に寸法が変わっており、近年は、お太鼓の部分の仕立て上がり幅は、いずれも鯨尺8寸2分となる。寸法は、西陣織工業組合(京都)の規格。

九寸名古屋帯[編集]

仕立てる前の幅が鯨尺9寸なので、九寸名古屋帯と呼ばれる。未仕立ての巻物として売られており、お太鼓の部分を8寸2分幅で、残りの部分は半幅に折りたたみ、帆布や、綿の帯芯を入れて仕立てる[2]

織りの帯と染めの帯があり、素材と色柄が豊富である。

格調の高い柄の織り帯は準礼装にも使うことができる。染め帯はお洒落用として用いる。[3]

八寸名古屋帯[編集]

鯨尺8寸2分の幅で織られた地厚の織り帯で、お太鼓部分を折り返して二重にし、帯芯を入れずに両端をかがって仕立てる。綴織などの格調ある織りは準礼装に使うことができるが、一般的には小紋に合わせる。[3]

袋名古屋帯や八寸帯、かがり帯など、さまざまな名前で呼ばれる。昭和初期ごろから八寸名古屋帯が使われはじめ、昭和30年代に人気となり、普及した[4]

歴史[編集]

大正末期に名古屋女学校(現在の名古屋女子大学)の創始者越原春子が考案した。名古屋の松坂屋が率先して売りだし、全国的に広まった。[5]

また、もう一つ説がある。当時、飯田志よう(名古屋在住)が、中部の工芸展覧会に考案し出品したものが入賞し「文化帯」の名で普及したものが、後に名古屋帯と改められたものである。

1991年日本テレビ系列中京テレビにて、「名古屋帯は誰の発明か?」という番組が放送されたが、番組内で当時の記録などを辿っても明確な事は分からなかった。両者とも教育者であり、名古屋帯を語るには忘れてはならない人物である。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 世界文化社 『ひと目でわかる!保存版 帯の基礎知識』2010年、22-23頁
  2. ^ 世界文化社 『ひと目でわかる!保存版 帯の基礎知識』2010年、22頁
  3. ^ a b 世界文化社『きものサロン』1998年春号、26頁
  4. ^ 世界文化社 『ひと目でわかる!保存版 帯の基礎知識』2010年、26頁
  5. ^ 主婦の友社 主婦の友社監修・田中敦子編著『主婦の友90年の智恵 きものの花咲くころ』2006年、107頁